コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リデル・ハート リデルハート

百科事典マイペディアの解説

リデル・ハート

英国の軍事評論家。パリ生れ。ケンブリッジ大学に学び,第1次大戦に歩兵隊の将校として従軍し負傷,1927年陸軍大尉で退役し,軍事研究に従事。1925年−1935年《デーリー・テレグラフ》,1935年−1939年《タイムズ》の軍事記者,論説顧問となり,空軍力の開発と機甲化された部隊の重要性を強調,機甲戦の創始者としても知られる。その構想はむしろドイツ陸軍に取り入れられ,第2次大戦初期のドイツ陸軍の電撃作戦を成功させた。1937年−1938年陸軍大臣顧問となり,英国陸軍の近代化,機械化に貢献。1939年の《英国の防衛》は英国の戦略決定に大きな影響を与えた。戦後も軍事研究の分野で活躍し,30冊以上の著作がある。おもな著書に《間接アプローチの戦略》(1929年),《第1次世界大戦史》(1934年),《第2次世界大戦史》(1970年)などがある。1966年ナイト爵に叙された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リデル・ハート
りでるはーと
Basil Henry Liddell Hart
(1895―1970)

イギリスの戦略研究家、軍事史家。ケンブリッジ大学を卒業後、陸軍に入り第一次世界大戦に従軍。1927年に退役して、『ザ・タイムズ』に軍事記事を執筆、戦車を中心とする機械化部隊や空軍の重要性を強調、第二次世界大戦におけるイギリスの戦略に大きな影響を与えた。戦後も核戦争問題などで積極的発言を行う一方、『第二次世界大戦史』(1970)をまとめた。[木畑洋一]
『上村達雄訳『第二次世界大戦』(1978・フジ出版) ▽後藤冨雄訳『第一次世界大戦』(1980・原書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android