コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機械化部隊 きかいかぶたい mechanized troop

4件 の用語解説(機械化部隊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機械化部隊
きかいかぶたい
mechanized troop

戦車,装甲兵員輸送車,自走砲などの装甲戦闘車両を多数装備し,部隊の兵員は車載のままで戦闘する兵力。一般に装甲部隊 (戦車部隊) と機械化歩兵部隊 (師団) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きかいか‐ぶたい〔キカイクワ‐〕【機械化部隊】

戦車・装甲自動車などの機械力を導入して編制された部隊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

機械化部隊【きかいかぶたい】

機動力・火力を強化するため戦車を中心に装甲車自走砲自動火器で編成された陸上部隊。第2次大戦直前に主要国軍で編成され,ドイツ軍のマジノ線突破の主力となり,独ソ戦線では両軍の戦力の中心となった。
→関連項目機動部隊騎兵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

機械化部隊
きかいかぶたい
mechanized unit

機械化された歩兵部隊のこと。装甲車、装輪車、自走砲を大量に装備し、機動力を高めた歩兵を中心とする部隊である。従来は徒歩で戦闘するから歩兵といわれたが、いまでは歩兵も乗車戦闘が中心となっている。これを保障するのが機動力、火力、防護力の増強である。機動力強化は自動車化に始まり、ついで装甲車化が進み、最近ミサイルや砲をもつ装甲歩兵戦闘車が導入されるに至った。ヘリコプターによる空中機動も重視されている。火力も自走式となり、車両と一体化した。これにより戦車を主体とする機甲部隊と連携作戦を実施することが可能になった。ロシアでは歩兵のことを狙撃(そげき)兵といい、機械化師団は自動車化狙撃師団とよぶ。これと戦車師団が協同する貫通打撃は、強烈な破壊力をもっていたが、軍事費と兵員の縮小で戦力は大幅に低下している。[藤井治夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の機械化部隊の言及

【機甲部隊】より

…機甲部隊は,戦車部隊を中心とした装甲化された諸兵種連合の部隊をいうが,装甲化された歩兵を中心とした諸兵種連合の機械化部隊を含める場合もある。編成上,火力,機動力,防護力に優れ卓越した攻撃力を発揮し,現代の陸上戦闘の中核的存在である。…

【装甲車】より

…なお,第2次大戦以降,半装軌式装甲車については新たに開発された例はない。
[機械化部隊と機甲部隊]
 内燃機関を利用した自動車が実用化されるまでは,陸上部隊の戦場における移動や兵器資材等の輸送はもっぱら人や馬の力にたよっていた。第1次大戦以降,偵察,連絡,兵器資材輸送,後には兵員輸送等の軍事目的に自動車が使用されるようになり,また戦車や装甲車,さらに自走砲も出現して,軍の機械化,近代化が大いに進展した。…

※「機械化部隊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

機械化部隊の関連キーワード有名人推奨機甲部隊アイソメトリックス機動性機動力戦車鍛工炉強化アミノ酸強化因子強化物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

機械化部隊の関連情報