リトマス(読み)りとます(英語表記)litmus

翻訳|litmus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リトマス
りとます
litmus

色素の一つ。種々の地衣類、とくにリトマスゴケRoccella、チャシブゴケLecanora、ヨコワサルオガセUsnea diffractaなどをアンモニアと炭酸カリウムで処理し、発酵させてつくる。紫色の無定形粉末で、水、アルコールに溶ける。アゾリトミン、エリスロリトミンを主成分とし、オルセイン、エリスロレインなどを含む混合物であり、アゾリトミンのみが酸塩基指示薬の性質をもっている。リトマスの変色域は通常の酸塩基指示薬より広く、pH4.5~8.3であり、酸性側で赤色、アルカリ性側で青色を呈する。リトマス試験紙、あるいはリトマス溶液を白亜または石膏(せっこう)の粉末にしませ、これを固めて小粒にしたものが市販されている。

[成澤芳男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リトマス
litmus

地衣類のリトマスゴケから得られる色素の一種。これらの地衣を砕いてアンモニア水で湿らせ,炭酸カルシウムや炭酸ナトリウムを加えて空気中にさらし,発酵させて生じる青色色素。この色素は,アゾリトミンおよびエリスロリトミンという成分を含み,酸アルカリ指示色素となる。紫色の無定形粉末。水,アルコールに可溶で,その色調は酸性において赤色,塩基性において青色を示す。変色域は pH4.5~8.3である。一般にリトマス試験紙として広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

リトマス

〘名〙 (litmus)
① 地衣類のリトマスゴケから採れる色素の混合物。紫色の粉末。水に溶け、水素イオン濃度(pH)で色が変わる。リトマス試験紙にして用いることが多い。ラクムス。
※小学化学書(1874)〈文部省〉一「其之を知るには紅色の『リトマス』溶液を其盂水に加ふれば忽変じて青色となるを見る是(これ)水中に『アルカリ』を含む証拠なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

リトマス
リトマス
litmus

種々の地衣類,とくにVariolariaLecanoraRocella種から得られる色素.分子量約13000.青色の無定形粉末.いろいろな化合物の混合物であるが,水,エタノールに可溶.水溶液の酸性が pH 4.5以下で赤色,8.3以上で青色を示す.リトマス紙の調製に使われる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リトマス【litmus】

リトマスゴケをはじめ各種の地衣類に含まれる地衣酸を炭酸カリウムで煮出し,これにアンモニアを加え,発酵させて得られる色素。紫色の無定形粉末で,水,アルコールに可溶。アゾリトミンその他各種の化合物の混合物であるが,アゾリトミンなどが酸性で赤色,アルカリ性で青色を示す酸塩基指示薬(変色域pH5.0~8.0)としての性質をもつ。リトマス試験紙として,あるいはこの溶液を白亜やセッコウにしみ込ませて固めた小粒が市販される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android