コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リトマス リトマスlitmus

翻訳|litmus

5件 の用語解説(リトマスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リトマス
リトマス
litmus

地衣類のリトマスゴケから得られる色素の一種。これらの地衣を砕いてアンモニア水で湿らせ,炭酸カルシウム炭酸ナトリウムを加えて空気中にさらし,発酵させて生じる青色色素。この色素は,アゾリトミンおよびエリスロリトミンという成分を含み,酸アルカリ指示色素となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リトマス(litmus)

リトマスゴケなどから得られる紫色の色素。水・アルコールに溶ける。代表的な酸塩基指示薬で、酸で赤色、アルカリで青色になる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

リトマス【litmus】

リトマスゴケをはじめ各種の地衣類に含まれる地衣酸を炭酸カリウム煮出し,これにアンモニアを加え,発酵させて得られる色素。紫色の無定形粉末で,水,アルコールに可溶。アゾリトミンその他各種の化合物の混合物であるが,アゾリトミンなどが酸性で赤色,アルカリ性で青色を示す酸塩基指示薬(変色域pH5.0~8.0)としての性質をもつ。リトマス試験紙として,あるいはこの溶液を白亜やセッコウにしみ込ませて固めた小粒が市販される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

リトマス【litmus】

リトマスゴケ・サルオガセなどの地衣類から得られる紫色の色素。数種類の色素の混合物で水・アルコールに溶ける。酸により赤色に、アルカリにより青色に変化するので、分析用指示薬として用いる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リトマス
りとます
litmus

色素の一つ。種々の地衣類、とくにリトマスゴケRoccella、チャシブゴケLecanora、ヨコワサルオガセUsnea diffractaなどをアンモニアと炭酸カリウムで処理し、発酵させてつくる。紫色の無定形粉末で、水、アルコールに溶ける。アゾリトミン、エリスロリトミンを主成分とし、オルセイン、エリスロレインなどを含む混合物であり、アゾリトミンのみが酸塩基指示薬の性質をもっている。リトマスの変色域は通常の酸塩基指示薬より広く、pH4.5~8.3であり、酸性側で赤色、アルカリ性側で青色を呈する。リトマス試験紙、あるいはリトマス溶液を白亜または石膏(せっこう)の粉末にしませ、これを固めて小粒にしたものが市販されている。[成澤芳男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リトマスの関連情報