コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リハビリテーション工学 リハビリテーションこうがくrehabilitation engineering

世界大百科事典 第2版の解説

リハビリテーションこうがく【リハビリテーション工学 rehabilitation engineering】

リハビリテーションに必要な種々の補装具などの開発・研究を行う医療工学の一分野。リハビリテーション工学の概念は障害者のリハビリテーションの拡大をめざす試みのなかで誕生した。たとえば,障害者の用いる補装具として義肢や装具の機能をより進めて身体的欠陥を補足するとか,これらの器具または機器を障害者の意志にもとづいて自由に制御できる能力を付与するとか,社会環境のなかに障害者がより適応しやすい条件をつくるために工学的立場で両者の協調を計画するなど,従来のリハビリテーション医学の範囲を越えたシステムが考えられるようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リハビリテーション工学の関連キーワード生物工学

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android