コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リバースエンジニアリング りばーすえんじにありんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

リバースエンジニアリング

既存の製品プログラムなどを分析し、仕様構造を明らかにする技法

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リバース‐エンジニアリング(reverse engineering)

他社の開発した製品やソフトウエアを分解または解析することにり、そのアイデアなどをぬき出して、自社製品に利用する技術。その際、知的財産権に抵触しないよう注意する必要がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

リバースエンジニアリング

ある製品を分析して,その性能製法を知る技術。競争他社の製品を評価したり,互換性のある製品を開発したりする目的で行われる。ただし,類似品を作る目的で行う場合もあり,問題視する動きがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

リバースエンジニアリング【reverse engineering】

機械・製品などの動作を解析したり分解したりすることにより、採用されている技術や部品、内部構造を調査すること。ソフトウェア逆コンパイルしてソースコードを明らかにすることも含まれる。知的財産権に抵触する技術情報もあるため、そのまま自社製品などに使用すると非合法になる場合がある。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

リバースエンジニアリング【reverse engineering】

競合する他社が開発した新製品を分解・解析し、その原理・製造技術などの情報を獲得して自社製品に応用すること。分解工学。 RE 。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のリバースエンジニアリングの言及

【電子情報の知的所有権】より

…GNU(Gnu is Not Unix)の総称で知られるOS,エディターを始めとするソフトウェアを開発し,そのソースコードを公開し誰でも自由に複製することを認めると同時に,その改良等を行った者は同様に公開することを要請している。リバースエンジニアリング本来の意味は,製品を解析してそこで利用されている技術を解明すること。特許権の侵害の検出,技術の習得等,さまざまな目的で行われる。…

※「リバースエンジニアリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

リバースエンジニアリングの関連キーワードフォワードエンジニアリング原理既存RE

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リバースエンジニアリングの関連情報