コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポ蛋白質 リポたんぱくしつ lipoprotein

翻訳|lipoprotein

3件 の用語解説(リポ蛋白質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リポ蛋白質
リポたんぱくしつ
lipoprotein

細胞膜および血漿中に存在する,脂質と蛋白質の複合体をいう。コレステロール中性脂肪リン脂質および脂肪酸を含み,その組成は種類によって異なるが,最も重要なのは,体内で種々の脂質成分を各臓器に運搬する働きをする血漿リポ蛋白である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リポ‐たんぱくしつ【リポ×蛋白質】

lipoprotein脂質と結合した複合たんぱく質。生物体に広く存在し、生体膜を構成するものは不溶性。血液中のものは水溶性で、コレステロールなどの脂質の運搬を行い、分子密度から低比重リポたんぱく質LDL)・高比重リポたんぱく質(HDL)などに分けられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

リポたんぱくしつ【リポ蛋白質】

脂質とタンパク質の複合体。生体膜などにある不溶性のものと、血漿けつしようや卵黄などにある水溶性のものとに分けられ、普通は後者をいう。血漿リポタンパク質は脂質の運搬役である。リポタンパク。脂タンパク質。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リポ蛋白質の関連キーワード複合脂質ガングリオシド単純脂質グリコスフィンゴ脂質血中脂質高脂質魚脂質代謝脂質調整食スフィンゴ糖脂質誘導脂質

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone