コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リポ蛋白質 リポたんぱくしつlipoprotein

翻訳|lipoprotein

3件 の用語解説(リポ蛋白質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リポ蛋白質
リポたんぱくしつ
lipoprotein

細胞膜および血漿中に存在する,脂質と蛋白質の複合体をいう。コレステロール中性脂肪リン脂質および脂肪酸を含み,その組成は種類によって異なるが,最も重要なのは,体内で種々の脂質成分を各臓器に運搬する働きをする血漿リポ蛋白である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リポ‐たんぱくしつ【リポ×蛋白質】

lipoprotein脂質と結合した複合たんぱく質。生物体に広く存在し、生体膜を構成するものは不溶性。血液中のものは水溶性で、コレステロールなどの脂質の運搬を行い、分子密度から低比重リポたんぱく質LDL)・高比重リポたんぱく質(HDL)などに分けられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

リポたんぱくしつ【リポ蛋白質】

脂質とタンパク質の複合体。生体膜などにある不溶性のものと、血漿けつしようや卵黄などにある水溶性のものとに分けられ、普通は後者をいう。血漿リポタンパク質は脂質の運搬役である。リポタンパク。脂タンパク質。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone