コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューゲン島 リューゲンとう Rügen

3件 の用語解説(リューゲン島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューゲン島
リューゲンとう
Rügen

ドイツ北東部,メクレンブルクフォアポンメルン州に属する島。シュトラルズント対岸のバルト海にあり,本土との間にシュトレラズント海峡およびボッデン海峡がある。東海岸では高さ 120mをこす白亜の崖がそびえるが,西海岸は低平。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リューゲン‐とう〔‐タウ〕【リューゲン島】

Rügen》ドイツ北東部、バルト海にある同国最大の島。メクレンブルク‐フォアポンメルン州に属する。シュトラルズント海峡をはさんだ本土のシュトラルズントと築堤で結ばれる。海岸保養地として知られ、ザスニッツ、ゼーリン、ビンツなどの町にホテルレストランが集まっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リューゲン島
りゅーげんとう
Rgen

ドイツ北東部、バルト海にある島。面積926平方キロメートルで、ドイツ最大の島である。本土との間は幅2~3キロメートルのシュトラルズント海峡で隔てられているが、1936年に島と本土との間に土堤が築かれ、その上に鉄道と道路が通じて、実質的には陸続きとなっている。島内はほぼ平坦(へいたん)で、大部分は農地として利用される。海岸線は屈曲に富み、北東部の海岸には白亜の断崖(だんがい)がみられる。波の静かな砂浜の海水浴場は、夏には保養客でにぎわう。中心都市はベルゲン。東岸の鉄道終点のザスニツからはスウェーデンへのフェリーの連絡がある。[浮田典良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リューゲン島の関連キーワードオーデル川シュトラルズントポメラニアロストクノルトオストゼー運河北海バルト海運河メクレンブルクフォアポンメルンロストックワルネミュンデカテガット海峡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リューゲン島の関連情報