コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューゲン島 リューゲンとうRügen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューゲン島
リューゲンとう
Rügen

ドイツ北東部,メクレンブルクフォアポンメルン州に属する島。シュトラルズント対岸のバルト海にあり,本土との間にシュトレラズント海峡およびボッデン海峡がある。東海岸では高さ 120mをこす白亜の崖がそびえるが,西海岸は低平。初めゲルマン系のルギエリ人,次いでスラブ系のウェンド人の居地となったが,1168年にはデンマークの支配下に入り,以後 1325年ポンメルン公国,1648年スウェーデン,1815年プロシアと領有が代った。主産業はニシン漁業。テンサイ,ライムギ,ジャガイモなどの栽培,ウシやヒツジの飼育も行われ,観光業も重要。先史時代の遺跡が多い。 1936年にシュトレラズント海峡に長さ 2.5kmのリューゲン・ダムが建設され,ダム上に島と本土を結ぶ鉄道,道路が開通した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

リューゲン‐とう〔‐タウ〕【リューゲン島】

Rügen》ドイツ北東部、バルト海にある同国最大の島。メクレンブルク‐フォアポンメルン州に属する。シュトラルズント海峡をはさんだ本土のシュトラルズントと築堤で結ばれる。海岸保養地として知られ、ザスニッツ、ゼーリン、ビンツなどの町にホテルやレストランが集まっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リューゲン島
りゅーげんとう
Rgen

ドイツ北東部、バルト海にある島。面積926平方キロメートルで、ドイツ最大の島である。本土との間は幅2~3キロメートルのシュトラルズント海峡で隔てられているが、1936年に島と本土との間に土堤が築かれ、その上に鉄道と道路が通じて、実質的には陸続きとなっている。島内はほぼ平坦(へいたん)で、大部分は農地として利用される。海岸線は屈曲に富み、北東部の海岸には白亜の断崖(だんがい)がみられる。波の静かな砂浜の海水浴場は、夏には保養客でにぎわう。中心都市はベルゲン。東岸の鉄道終点のザスニツからはスウェーデンへのフェリーの連絡がある。[浮田典良]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リューゲン島の関連キーワードバルデマー(1世)シュトラールズントバルデマー(2世)バルデマール2世バルデマール4世デルブリュックアブサロンキール条約ビルロートアルントリーツルーゲ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android