コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リン酸カリウム リンさんカリウム potassium phosphate

3件 の用語解説(リン酸カリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リン酸カリウム
リンさんカリウム
potassium phosphate

化学式 K3PO4第三リン酸カリウムまたはリン酸三カリウムともいう。リン酸に当量の水酸化カリウムを反応させて,乾固加熱脱水すると無水物が得られる。無色,斜方晶系結晶,融点 1340℃。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

リン酸カリウム

 KnH3nPO4で表される3種類のリン酸のカリウム塩.醸造,食品製造に用いる食品添加物.調味料の強化剤にも使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リン酸カリウム
りんさんかりうむ
potassium phosphate

リン酸の三カリウム塩のことであるが、工業や医薬の部門では一水素塩および二水素塩のことをさす。
(1)リン酸三カリウム 第三リン酸カリウムともいう。リン酸と水酸化カリウムを水溶液中で当量の割合で反応させ、蒸発乾固後、加熱脱水すれば無水和物として得られる。きわめて吸湿性の無色の結晶。水溶液は強アルカリ性。ほかに三および八水和物がある。
(2)リン酸水素二カリウムdipotassium hydrogenphosphate 第二リン酸カリウムともいう。化学式K2HPO4、式量174.2。リン酸カリウムと同様の方法で無水和物が得られる。潮解性、無色の結晶。水溶液は弱アルカリ性。pH緩衝剤、細菌カビの培養基、医薬品などに用いられる。
(3)リン酸二水素カリウムpotassium dihydogenphosphate 第一リン酸カリウムともいい、KDPと略称する。化学式KH2PO4、式量136.1。工業的には、リン酸と塩化カリウムを強熱してつくったメタリン酸カリウムを金属板上で急冷し、水に溶解後、蒸発濃縮することによって結晶とする。比重2.238。無色柱状晶、強誘電体で圧電率も大きい。7℃で水100グラムに33グラム溶け、水溶液は弱酸性を呈する。肥料に使われるほか、結晶は圧電素子、電気光学素子、レーザーの光高調波発生などに用いられる。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リン酸カリウムの関連キーワード第三リン酸ナトリウム亜硝酸カリウム燐酸カリウムソルビン酸カリウムピロリン酸カリウムポリリン酸カリウムメタリン酸カリウムチオシアン酸カリウムリン酸カリウム(燐酸カリウム)第三リン酸カルシウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リン酸カリウムの関連情報