コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーチング leaching

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーチング
leaching

固相中に含まれる特定元素を水溶液中に溶解させる操作をいう。低品位あるいは複雑な鉱物組成をもつ鉱石から,必要な元素を回収する場合にも利用される。有用鉱物をある程度濃集した後のリーチングは,湿式冶金 (やきん) の一種である。採掘した鉱石を積み上げて,これに浸出液をかける方法をヒープリーチング,低品位の鉱体中にそのまま浸出液を流す方法をインプレースリーチングという。対象鉱物が硫化物の場合,ある種のバクテリアはこれを酸化して硫酸を生成し,リーチングの能率を高める。これをバクテリアリーチングという。この方法による有用金属の回収法は,生産調整ができないことが最大の欠点である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リーチング【leaching】

浸出ともいう。鉱石や焙焼(ばいしよう)鉱の中に含有される金属や金属鉱物などの特定の成分を酸,アルカリなどの溶媒に溶かし出し,残りの固体から分離すること。リーチングは鉱石から銅,亜鉛,ウランなどの金属元素抽出するための一つの方法として広く応用されている。例えば銅の酸化鉱物である黒銅鉱CuOは次に示す反応によって硫酸に溶ける。 CuO+H2SO4―→CuSO4+H2Oまた歴青ウラン鉱U3O8,センウラン鉱UO2nUO3などは空気,Fe3+イオン,二酸化マンガン過マンガン酸カリウムなどの酸化剤を併用することによって,酸やアルカリに溶かすことができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

リーチングの関連キーワードソリューション・マイニングバイオテクノロジーフランク ヘインズマッコイ タイナーデイブ ベイリーバイオ加工白化現象湿式製錬土畑鉱山ヨット採鉱

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リーチングの関連情報