コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルアペフ山 ルアペフさんMount Ruapehu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルアペフ山
ルアペフさん
Mount Ruapehu

ニュージーランド,ノース島の中央部にある活火山。最近では 1945~46年に噴火。緩傾斜円錐形成層火山で,標高 2797m。同島の最高峰で雪線に達する。山頂部に直径 1.5kmの火口があり,火口湖をもつ。トンガリロ国立公園に属し,冬季はスキーの好適地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ルアペフ‐さん【ルアペフ山】

Mount Ruapehu》ニュージーランド北島中部の活火山。タウポ火山帯に属す同島の最高峰。標高2797メートル。世界遺産(複合遺産)に登録されたトンガリロ国立公園の主峰の一つであり、南西斜面にスキー場がある。たびたび噴火を起こしており、1951年には火山泥流ラハール)が山麓の鉄道に及び、150人もの死者を出した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ルアペフ山の関連キーワードファカパパビレッジニュージーランドワイカト[川]ワイカト川オハクネトゥロア流れ山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android