コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルニャール ルニャール Regnard, Jean François

3件 の用語解説(ルニャールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルニャール
ルニャール
Regnard, Jean François

[生]1655.2.8. パリ
[没]1709.9.4. シャトードグリヨン
フランスの劇作家。諸国を放浪したのちパリに落ち着き,コメディ・フランセーズやイタリア座のため数多くの喜劇を書いた。代表作『賭博者』 Le Joueur (1696) ,『包括受遺者』 Le Légataire universel (1708) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルニャール【Jean‐François Regnard】

1655‐1709
フランスの劇作家。豊かな商人の子としてパリに生まれる。1678年イタリア旅行の途中海賊に襲われアルジェなどで奴隷生活を送る。81年身代金を払い自由になると体験をもとに小説《プロバンスの女》を書く。北欧諸国を旅した後82年パリに戻り財務官となる。気晴しに喜劇を書きはじめ,88‐95年《サン・ジェルマンの縁日》(1695)ほか10編の喜劇をイタリア劇団に提供。1694‐1708年はコメディ・フランセーズのために筆をとり,《賭博狂》(1696),《ぼんやり男》(1697),《恋の狂気》(1704),《包括受遺者》(1708)など10編を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルニャール
るにゃーる
Jean-Franois Regnard
(1655―1709)

フランスの喜劇作家。パリの裕福な商家に生まれる。地中海地方や北欧を旅行し、海賊に捕らえられるなどの経験をする。1683年からパリに定住。イタリア劇団のために『離婚』(1688)など、コメディ・フランセーズのために『賭博師(とばくし)』le joueur(1696)、『ぼんやり男』(1697)、代表作『包括受遺者』le Lgataire universel(1708)などを書いた。深みはないが滑稽(こっけい)さ、巧みな筋書き、機知に富んだ会話で喝采(かっさい)を博し、モリエールの後継者とされた。[伊藤 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルニャールの関連キーワードイヨネスコジェリコーラビッシュルサージュルノルマンアダンドラアルパニョルコペーサルドゥーバンブラー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone