コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバ王国 ルバおうこく

1件 の用語解説(ルバ王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルバおうこく【ルバ王国】

アフリカ中部,現在のコンゴ民主共和国南部のシャバ州を中心に形成された王国。ルバ族Lubaを中心にした多様な民族集団,従属王国,首長領を影響下に収めたためルバ帝国とも呼ばれる。緊密な関係のあった西隣のルンダ王国Lunda(あるいはルンダ帝国)とともに,ルバ・ルンダ文化の影響は,コンゴ民主共和国南部の熱帯雨林の南の縁にあたるサバンナ地帯全体(タンガニーカ湖西岸まで)に及んだ。ルバ王国アフリカ中央部を横断する通商ルートの中央部を占め,19世紀に最盛期に達したが,19世紀末には外部勢力(アラブ奴隷狩り,西欧列強)の影響や内部での王位継承をめぐる紛争で弱体化し解体した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone