コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバ王国 ルバおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

ルバおうこく【ルバ王国】

アフリカ中部,現在のコンゴ民主共和国南部のシャバ州を中心に形成された王国。ルバ族Lubaを中心にした多様な民族集団,従属王国,首長領を影響下に収めたためルバ帝国とも呼ばれる。緊密な関係のあった西隣のルンダ王国Lunda(あるいはルンダ帝国)とともに,ルバ・ルンダ文化の影響は,コンゴ民主共和国南部の熱帯雨林の南の縁にあたるサバンナ地帯全体(タンガニーカ湖西岸まで)に及んだ。ルバ王国はアフリカ中央部を横断する通商ルートの中央部を占め,19世紀に最盛期に達したが,19世紀末には外部勢力(アラブの奴隷狩り,西欧列強)の影響や内部での王位継承をめぐる紛争で弱体化し解体した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルバ王国の関連キーワードスコットランドイジェブオデイーウォーイレシャイロリンオヨ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android