ルンビニー

  • Lumbinī

百科事典マイペディアの解説

ネパールのタライ地方,バイラワ西方にある仏教の四大霊場の一つ。漢字では藍毘尼。古代インドのカピラ城にあった林苑で,釈迦の誕生地。1896年に発掘され,現在は公園になっており,1997年世界文化遺産に登録された。アショーカ王石柱,釈迦の母が沐浴したというがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

釈迦生誕の地として知られ,ネパールのタライ地方,バイラワBhairawaの西方に位置する。1896年にA.フューラーによって遺跡が発掘され,現在はネパール政府の開発計画に基づき広大な公園が整備されつつある。この地は釈迦の生涯にちなむ四大霊場の一つとして,古くから仏教徒の巡礼地となり,ルンミンデーイRummindeiの名で知られていた。アショーカ王は即位後20年目にこの地を巡礼し,釈迦の生誕の地を記念して石柱を建てている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仏教の開祖釈迦(しゃか)の生誕の地で、父浄飯(じょうぼん)王のカピラバストゥKapila-vastu(迦毘羅城(かぴらじょう)、迦維羅衛城(かいらえじょう))と母摩耶夫人(まやぶにん)の郷里デーバダハDevadaha(天臂(てんぴ)城)の中間にあった園林の名。漢訳仏典では藍毘尼、嵐毘尼などと音写される。摩耶夫人は出産のための里帰りの途中、この園の無憂樹(むうじゅ)(あるいは沙羅樹(さらじゅ)とも)の枝につかまって、釈尊を右わきから出産したという。1897年にバガバンプルBhagavanpurの北方2マイル、ネパールの辺境にあるルンミンディLummindeiという村から、「釈尊生誕の地に参拝した」と記すアショカ王の碑文が発見され、この地が釈尊誕生の古址(こし)であることが確認された。遺跡は保存され、公園として公開されている。この地は1997年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。

[森 章司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルンビニーの関連情報