コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイノサ Reynosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイノサ
Reynosa

メキシコ北東部,タマウリパス州北部の都市。アメリカ合衆国との国境をなすリオグランデ (ブラボデルノルテ川) の下流部右岸に位置する。 1794年メキシコ内陸部開発計画に基づいて川岸に建設されたが,たびたび洪水の被害を受けたため,1802年に標高約 90mの現在地に移転。おもに牧牛に依存していた市の経済は,1935年周辺地域への灌漑農業の導入により大幅に改善され,生産量が急増した綿花サトウキビトウモロコシなどの農産物の集散地として発展。市内には綿花加工,蒸留酒,製材,煉瓦などの工場があり,また近くの油田からの石油を利用する石油精製,石油化学などの工業も立地。アメリカ合衆国および南西 250kmのモンテレイ天然ガスパイプラインが延びる。メキシコへの通関地で,テキサス州南部やメキシコ北部の主要都市と道路,鉄道で連絡。人口 28万 1618 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レイノサ
れいのさ
Reynosa

メキシコ北東端、タマウリパス州の都市。人口40万3718(2000)。アメリカとの国境河川リオ・グランデ川に面し、対岸はテキサス州のヒルダゴである。綿花栽培地帯の中心地で綿花、トウモロコシ、サトウキビなどを集散する。モンテレーから通じる国道40号線の終点をなし、アメリカへの季節労務者が多い。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レイノサの関連キーワードカンタブリア自治州

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android