コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイノサ レイノサ Reynosa

2件 の用語解説(レイノサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイノサ
レイノサ
Reynosa

メキシコ北東部,タマウリパス州北部の都市。アメリカ合衆国との国境をなすリオグランデ (ブラボデルノルテ川) の下流部右岸に位置する。 1794年メキシコ内陸部開発計画に基づいて川岸に建設されたが,たびたび洪水の被害を受けたため,1802年に標高約 90mの現在地に移転。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レイノサ
れいのさ
Reynosa

メキシコ北東端、タマウリパス州の都市。人口40万3718(2000)。アメリカとの国境河川リオ・グランデ川に面し、対岸はテキサス州のヒルダゴである。綿花栽培地帯の中心地で綿花、トウモロコシサトウキビなどを集散する。モンテレーから通じる国道40号線の終点をなし、アメリカへの季節労務者が多い。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レイノサの関連キーワードマタモロスメキシコ湾流カリパスニューメキシコメキシコ銀メキシカンメキシコのダンスエル・パソシウダード・ビクトリアヌエボ・ラレド

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レイノサの関連情報