コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイボビッツ レイボビッツLeibowitz, René

3件 の用語解説(レイボビッツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイボビッツ
レイボビッツ
Leibowitz, René

[生]1913.2.17. ワルシャワ
[没]1972.8.28. パリ
ポーランド生れのフランスの作曲家,理論家,指揮者。 1926年パリに移住。ウィーンで A.ウェーベルンに,ベルリンで A.シェーンベルクに師事。第2次世界大戦後,著作,指揮,作曲,講演などによって,12音技法の紹介と普及に尽力。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

レイボビッツ

ポーランド出身のフランスの音楽理論家,教育家,指揮者,作曲家。レボビッツとも。生地ワルシャワでバイオリンを学び,1926年パリに移住。1930年−1933年ベルリンでシェーンベルクに学んだのちウィーンでウェーベルンに学び,その後パリでM.ラベル管弦楽法を,モントゥーに指揮法を師事。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レイボビッツ【René Leibowitz】

1913‐72
ポーランド出身のフランスの音楽理論家,教育家,指揮者,作曲家。幼時にバイオリンを学んだのち,1926年パリに移住,その後ウィーンでA.ウェーベルン,ベルリンでA.シェーンベルクに師事し,パリに戻ってM.ラベルから管弦楽法,P.モントゥーから指揮法を教わる。45年以後50年代60年代パリを中心にして幅広い活動を展開した。それは要約すればシェーンベルクとその十二音技法の紹介,実践,普及を目ざすものであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のレイボビッツの言及

【フランス音楽】より

…メシアンはパリのコンセルバトアールで教鞭をとり,そこで教えたことのなかにシェーンベルク,ウェーベルンら20世紀ウィーン楽派の音楽があった。同楽派のためにポーランド出身のレイボビッツが,精力的な教育宣伝活動を展開した。2人に師事した青年たちのうちにブーレーズがいて,しだいに頭角を現す。…

※「レイボビッツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

レイボビッツの関連キーワードデトリングバルカン戦争光の科学史徳川文庫ウィルソン朝永三十郎阿部守太郎市川久女八(初代)江頭安太郎柏木幸助

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone