コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レジオン-ドヌール勲章 レジオンドヌールくんしょう

1件 の用語解説(レジオン-ドヌール勲章の意味・用語解説を検索)

勲章・褒章がわかる事典の解説

レジオンドヌールくんしょう【レジオン-ドヌール勲章】

軍事や社会に功績のあった人、また文化の功労者に与えられるフランスの最高勲章。賞勲議定官会議の審査にもとづいて大統領が直接授与する。1802年にナポレオン1世が制定し、5階級(グランクロア、グランドフィシエ、コマンドールオフィシエシュバリエ)に分かれる。表彰よりも名誉を与える意味が強いが、現役の軍人に与えられる場合は年金が支給される。外国人にも授与され、日本人も黒澤明や大江健三郎をはじめ、多くの受章者がいる。勲章の意匠(いしょう)は、中央の金のメダルに女神像が彫られ、そこから5つの光線が放射している。◇フランス語でOrdre de la Légion d'honneur。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レジオン-ドヌール勲章の関連キーワード藍綬褒章サハロフ賞栄典勲等功臣功労株贈官レジオンドヌール市葬エシカル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レジオン-ドヌール勲章の関連情報