コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッチェ レッチェLecce

3件 の用語解説(レッチェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッチェ
レッチェ
Lecce

イタリア南部,プーリア州レッチェ県の県都。長靴状半島のかかと部分にあたる。ギリシア人植民都市として建設されたが,ローマによって占領された。現在の都市は 11世紀にノルマン人が到来してから半独立状態で発達したもので,1463年にナポリ王国の支配に屈し,16~17世紀に特に繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

レッチェ(Lecce)

イタリア南部、プーリア州の都市。サレント半島の中心都市。古代ギリシャ時代の以前に先住民のメッサピ人の町があったとされる。古代ローマ時代に商業都市として栄え、11世紀のノルマン人征服以降、交易の要地となった。レッチェ大聖堂サンタクローチェ聖堂をはじめ、16世紀から17世紀にかけて建造または再建したバロック建築が数多く残り、別名「バロックフィレンツェ」「南イタリアのフィレンツェ」と称される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レッチェ
れっちぇ
Lecce

イタリア南部、プーリア州レッチェ県の県都。人口8万3237(2001国勢調査速報値)。アドリア海から12キロメートル内陸寄りにあり、サレンティーナ半島の中心都市。ぶどう酒、たばこ、オリーブ油の生産が盛んである。とくにこの地域のぶどう酒はアルコール度が高く、「混合用」として知られる。大聖堂(17世紀に再建)、サンタ・クローチェ教会(16~17世紀)、プレフェットゥーラ宮殿(17世紀)など、旧市街にはバロック建築圧倒的に多い。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レッチェの関連情報