コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レッチェ レッチェ Lecce

3件 の用語解説(レッチェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レッチェ
レッチェ
Lecce

イタリア南部,プーリア州レッチェ県の県都。長靴状半島のかかと部分にあたる。ギリシア人植民都市として建設されたが,ローマによって占領された。現在の都市は 11世紀にノルマン人が到来してから半独立状態で発達したもので,1463年にナポリ王国の支配に屈し,16~17世紀に特に繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

レッチェ(Lecce)

イタリア南部、プーリア州の都市。サレント半島の中心都市。古代ギリシャ時代の以前に先住民のメッサピ人の町があったとされる。古代ローマ時代に商業都市として栄え、11世紀のノルマン人征服以降、交易の要地となった。レッチェ大聖堂サンタクローチェ聖堂をはじめ、16世紀から17世紀にかけて建造または再建したバロック建築が数多く残り、別名「バロックフィレンツェ」「南イタリアのフィレンツェ」と称される。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レッチェ
れっちぇ
Lecce

イタリア南部、プーリア州レッチェ県の県都。人口8万3237(2001国勢調査速報値)。アドリア海から12キロメートル内陸寄りにあり、サレンティーナ半島の中心都市。ぶどう酒、たばこ、オリーブ油の生産が盛んである。とくにこの地域のぶどう酒はアルコール度が高く、「混合用」として知られる。大聖堂(17世紀に再建)、サンタ・クローチェ教会(16~17世紀)、プレフェットゥーラ宮殿(17世紀)など、旧市街にはバロック建築圧倒的に多い。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

レッチェの関連キーワードアンドリアバーリカロリーノの水道橋タッソ広場タラント大聖堂バリ大聖堂パンタリカプーリアレッチェ大聖堂フォッジア

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

レッチェの関連情報