コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レプトスピラ病 レプトスピラビョウ

デジタル大辞泉の解説

レプトスピラ‐びょう〔‐ビヤウ〕【レプトスピラ病】

病原性をもつレプトスピラが感染して起こる病気。ネズミなどの保菌動物の尿で汚染された水や土壌から経皮的・経口的に感染する。動物由来感染症の一つ。菌の血清型の違いによりいくつかの種類がある。軽症の場合はかぜのような症状のみで治癒するが、重症になると黄疸・出血・腎障害を伴う場合もある(ワイル病)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レプトスピラ病
れぷとすぴらびょう
leptospirosis

レプトスピラを病原体とする人獣共通感染症で、ネズミをはじめイヌ、ウシ、ウマ、ブタなどの尿中に排泄(はいせつ)されたレプトスピラが主として経皮的、ときには経口的に感染して多彩な病型を示す急性熱性疾患の総称である。代表的なものが黄疸(おうだん)出血性レプトスピラ病で、ほかに軽症のものとしてイヌ型レプトスピラ病や秋季レプトスピラ病などがある。それぞれ血清型の異なるレプトスピラを病原体とする。[柳下徳雄]

黄疸出血性レプトスピラ病

もっとも重症型のレプトスピラ病で、黄疸、出血、タンパク尿を主要徴候とし、ワイル病ともよばれる。[柳下徳雄]

イヌ型レプトスピラ病

代表的な軽症型のレプトスピラ病で、イヌにより媒介される。黄疸や出血傾向がなく、あってもごく軽症で、都市や農村を問わず発生し、発病地域が不定であることが特徴である。治療や予防は黄疸出血性レプトスピラ病と同じである。[柳下徳雄]

秋季レプトスピラ病

ノネズミにより媒介され、病原体の株の毒力や患者の抵抗力によって症状の強さも異なるが、一般には軽症型が多く、都市での発病がみられないのが特徴である。日本では古くから地方病として知られ、種々の地方名でよばれる。たとえば、千葉県では佐原(さわら)熱、静岡県では秋疫(あきやみ)・用水熱・天竜熱、岡山県では作州(さくしゅう)熱、福岡県では七日熱・八日熱、大分県ではアッケ病、佐賀県では伊万里(いまり)熱、長崎県では波佐見(はさみ)熱などとして知られる。治療や予防は黄疸出血性レプトスピラ病と同じである。[柳下徳雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レプトスピラ病の関連キーワード日本の医学史(年表)犬型レプトスピラ病秋季レプトスピラ病ペットの検疫制度レプトスピラ症ジステンパー経口感染稲田竜吉ノネズミ井戸泰病原性

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android