コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レマーク Remak, Robert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レマーク
Remak, Robert

[生]1815.7.26.
[没]1865.8.29.
ドイツの動物学者。ベルリン大学で医学を学び,J.ミュラー師事。 1859年より同大学教授。胚の血球細胞分裂像を見出し (1841) ,細胞分裂によって細胞の増殖が起ることを確証 (52) 。また脊椎動物を対象として発生を研究し,42年に発生初期の胚が内胚葉,中胚葉外胚葉の3部分より成っていることを明らかにした。その他,非脊髄性神経を見つけ (38) ,心臓に神経節を発見する (44) など,数多くの業績を残している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レマーク【Robert Remak】

1815‐65
ドイツの動物学者,医学者。ポーゼン(ポズナン)で生まれ,ベルリンで学び,早くからJ.ミュラーの指導を受けて組織学の研究に従事し,のちにJ.L.シェーンラインの助手となり,1859年ベルリン大学員外教授の称号を得たが,ユダヤ人問題がからんで終生正式な講座を受け持つことはできなかった。彼の業績は大別して,神経繊維微細構造に関するもの,発生学,神経症の電気療法の3方面にわたるが,なかでも細胞分裂説の先駆けをなしたこと,また受精卵が分裂増殖するにつれて形成されてくる胚葉を内,中,外の3葉に区別してそれぞれに命名したことなどの意義は大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

レマークの関連キーワードアーンスト・ジュリース レマークバックカントリー・スキーイングバックカントリースキーマイケル ダグラスカヌー競技用語集カーク ダグラスクリスチャニアスキージャンプシェーンライン国際スキー連盟カムペライト諸戸喜久香ヴィベト岩7月30日イプセンジャンプシーエンカセネ岩ベソースビニエ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

レマークの関連情報