コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気療法 でんきりょうほうelectric therapy

5件 の用語解説(電気療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電気療法
でんきりょうほう
electric therapy

電気を利用する治療法で,次の3種に大別できる。 (1) 平流 (直流) 通電法 バイブレータ,電気浴,電気ショック療法などがあり,器質性の神経疾患に用いられる。 (2) ジアテルミー療法,短波療法,超短波療法極超短波療法など 主として各種の疼痛に対して用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんき‐りょうほう〔‐レウハフ〕【電気療法】

電流を利用した病気の治療法。人体に通電する方法と、熱や振動などの形にして用いる方法がある。神経痛・筋肉痛・神経麻痺(まひ)などに応用される低周波療法やイオン導入法、統合失調症などの治療に用いられる電撃療法など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

電気療法【でんきりょうほう】

理学療法の一種。電気的エネルギーを応用した病気の治療法で,電気の中枢・末梢神経に対する刺激・鎮静作用,筋肉に対する刺激作用などを利用。低周波電流を利用するものには,平流(直流)・低周波交流・断続平流(直角波,三角波等)療法があり,末梢神経性麻痺(まひ),末梢循環障害,神経痛などに適用。
→関連項目理学療法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

でんきりょうほう【電気療法 electrotherapy】

物理療法の一つで,電気を人体に用いて行う治療法。0.5~2000Hzの周波数の断続的な直流電流を用いる低周波療法と,周波数が50万Hz以上の電磁波(ただし赤外線以上のものを除外する)を応用する高周波療法がある。低周波電気療法は,末梢性神経麻痺の治療に用いられ,通電刺激によって支配筋に筋収縮を起こさせ,筋萎縮を遅延させる効果がある。ただし神経再生には影響しない。人体に直接電流を流すので,その回路の人体の出口と入口に,金属電極を厚い布で包み,水で湿らせた導子をおく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

でんきりょうほう【電気療法】

電気治療 」に同じ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

電気療法の関連情報