コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンジャク Bombycillidae; waxwings

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンジャク
Bombycillidae; waxwings

スズメ目レンジャク科の鳥の総称。キレンジャクヒレンジャク,ヒメレンジャク B. cedrorum の 3種からなる。3種とも外形が似ていて,先のとがった冠羽(→羽冠)をもち,独特の姿をしている。ヒレンジャクは全長約 18cmで,ロシア東部や東アジア北部に生息し,日本には冬鳥(→渡り鳥)として全国各地に渡来する。ヒメレンジャクは色彩がキレンジャクに似ているが,全長 15~18cmで体がやや小さく,北アメリカ中部に繁殖分布し,北アメリカ南部や中央アメリカ,ときには南アメリカまで渡って越冬する。レンジャク類は針葉樹林で繁殖するが,非繁殖期には群れになり,落葉樹の疎林,農耕地,公園などでも暮らしている。昆虫類も食べるが,初夏から冬までは漿果(→液果)などの果実が主食で,春は樹液や木の芽などを食べる。和名のレンジャク(連雀)は群れになる鳥という意味でつけられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

レンジャク

レンジャク科の鳥の総称。日本にはキレンジャク,ヒレンジャクの2種が冬鳥として渡来。キレンジャクはユーラシアと北米の北部で繁殖,ヒレンジャクは沿海地方で繁殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レンジャク
れんじゃく / 連雀
waxwing

広義には鳥綱スズメ目レンジャク科、狭義にはそのうちのレンジャク属に含まれる鳥の総称。この科Bombycillidaeの仲間は全長16~24センチメートル。ハイイロレンジャクモドキ属、レンジャクモドキ属、セグロレンジャクモドキ属がメキシコ、グアテマラ、コスタリカなどに、ミミグロレンジャクモドキ属がイラク、アラビアに、レンジャク属がユーラシアならびに北アメリカに分布し、レンジャク属が3種であるほかは1属1~2種で、計5属8種が知られている。
 レンジャク属Bombycillaには、北アメリカで繁殖し、南アメリカまで渡るヒメレンジャクB. cedrorum、アムール、ウスリー地方で繁殖し、冬には日本など南へ渡るヒレンジャクB. japonica、ユーラシア、北アメリカの北部で繁殖し、冬には南へ渡るキレンジャクB. garrulusの3種がある。この類は、嘴(くちばし)が短く頑丈で、上嘴がわずかに鉤(かぎ)形になっている。体色は茶色で、尾の先の色が鮮やかな黄色や紅色をしている。次列風切(かざきり)の先端に蝋(ろう)のようにみえる小片を有するのが英名の由来である。一方、和名「連雀」は、日本のような越冬地では群れで生活することが多いことに由来する。[柳澤紀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

レンジャクの関連キーワードレンジャク(連雀)灰色連雀擬背黒連雀擬耳黒連雀擬旧北区連雀擬黄連雀緋連雀姫連雀宿木

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android