レントゲニウム(英語表記)roentgenium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レントゲニウム
roentgenium

人工元素の一つ。元素記号 Rg原子番号 111。1994年ドイツのダルムシュタットにある重イオン研究所 GSIのジグルト・ホフマンらは,ビスマス209にニッケル64を衝突させて質量数 273の 111番元素を得た。質量数 273の 111番元素中性子を放出して質量数 272の 111番元素となり,さらに崩壊して質量数 252のメンデレビウムなどを生成する。2003年国際純正・応用化学連合 IUPACおよび国際純粋・応用物理学連合 IUPAPは,新元素であることを認めた。名称は X線の発見者であるドイツのウィルヘルム・コンラート・レントゲンにちなむ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

レントゲニウム(roentgenium)

11族に属する人工放射性元素。ドイツにあるダルムシュタットの重イオン研究所(GSI)のグループが、1994年、ビスマス209にニッケル64を衝突させて生成した。名称はドイツの物理学者W=K=レントゲンX線を発見しておよそ100年目であることにちなむ。元素記号Rg 原子番号111。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

レントゲニウム

元素記号Rg。原子番号111。人工元素で超フェルミウム元素の1つ。X線の発見者であるドイツのレントゲンにちなむ名称。ドイツのダルムシュタット重イオン研究所のホフマンらが(209/)Biに(64/)Niを衝突させて(273/)Rgを得ることに成功。(273/)Rgは中性子を放出して(272/)Rgとなり,ついでα崩壊によって(268/)Mt,(264/)Bh,(260/)Db,(256/)Lr,(252/)Mdを生成。さらに2002年ホフマンらは追実験によってこのことを確かめている。2003年国際純正・応用化学連合(IUPAC)と国際純粋・応用物理学連合(IUPAP)の共同作業部会(JWP)が確認し新元素であることを認めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レントゲニウム
れんとげにうむ
roentgenium

周期表第11族に属する人工元素で超フェルミウム元素の一つ。原子番号111の元素。元素記号Rg。名称はX線の発見者であるドイツのレントゲンにちなむ。1994年、ドイツのダルムシュタット重イオン研究所のホフマンSigurd Hofmann(1944― )と共同研究者らはビスマス209(209Bi)にニッケル64(64Ni)を衝突させてレントゲニウム273(273Rg)を得た。273Rgは中性子を放出して272Rgとなり、ついでα(アルファ)崩壊によって順次マイトネリウム268(268Mt)、ボーリウム264(264Bh)、ドブニウム260(260Db)、ローレンシウム256(256Lr)、メンデレビウム252(252Md)を生成する。さらにホフマンらは2002年このことを追実験によって確かめている。国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)と国際純粋・応用物理連合(IUPAP:International Union of Pure and Applied Physics)の共同作業部会(JWP:Joint Working Party)は2003年このことを確認し新元素であることを認めた。

[中原勝儼]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

レントゲニウム
レントゲニウム
roentgenium

Rg.原子番号111の元素.2004年11月にIUPACで名称が決定された.ウンウンウニウムはしたがって廃止.X線の発見(1895年)の100年後に発見(公刊)されたことにちなんで命名された.電子配置[Rn]5f 146d107s1(推定)の周期表11族元素.周期表で金の下に位置する(エカ金).短寿命人工元素.1994年12月,ドイツのダルムシュタットの重イオン研究所(GSI)で,208Bi を標的として 64Ni で衝撃して,中性子1個と,0.15 ms で 268Mt にα崩壊する質量数272の核種3個が得られた.それぞれの寿命は0.7,2.0,3.6 ms.半減期3.8 ms.質量数272~283の核種が報告されている.283の核種は半減期10 min とされる.[CAS 54386-24-2]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報