コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロイヤル・バレエ団 ロイヤル・バレエだんThe Royal Ballet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロイヤル・バレエ団
ロイヤル・バレエだん
The Royal Ballet

イギリスのバレエ団。 1956年エリザベス女王に許された名称で,その前身は 31年 N.ド・バロワによって組織されたビック・ウェルズ・バレエ団 (のちのサドラーズ・ウェルズ・バレエ団) である。当初オールド・ビック劇場,次いでサドラーズ・ウェルズ劇場本拠を移し,第2次世界大戦後は王立のコベントガーデン劇場を本拠とするが,王室からの財政援助によるものではなく,芸術振興会からの助成金を受ける。マーガレット王女が初代の総裁であった。多くの人材を輩出し,F.アシュトン,G.バランシン,N.ド・バロワ,K.マクミラン,N.マカロワの作品がレパートリーになっている。年間を通じて公演を行い,また国内外の巡演も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ロイヤル・バレエ団

イギリスのロンドンを拠点とする王立バレエ団。1956年に設立。ロイヤル・オペラ・ハウスで公演を行う。歴代の主な芸術監督ド・バロア、フレデリック・アシュトン、ケネス・マクミラン、ウェイン・マクレガー。パリ・オペラ座バレエ団マリインスキー・バレエ団とともに、世界三大バレエ団の一つと称される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロイヤル・バレエ団
ろいやるばれえだん
The Royal Ballet

イギリスのバレエ団。1931年にド・バロアが創設したビッグ・ウェルズ・バレエ団が40年にサドラーズ・ウェルズ・バレエ団Sadler's Wells Balletと改称、これを母体として56年にエリザベス2世がロイヤル・バレエ団の名称を授けた。イギリス王立バレエ団ともいう。
 最初の芸術監督(ディレクター)はド・バロアで、『眠れる森の美女』『ジゼル』『白鳥の湖』の改訂などを手がけ、新作の上演にも意欲的で、いまも残っているものに『スケートをする人々』『チェック・メイト』などがある。マルコワ、ドーリン、フォンティン、ヘルプマンRobert Helpman(1909―86)らのダンサーがこの時期に活躍した。1963年からはアシュトンが芸術監督となり、『田園の出来事』『ベニスに死す』などの長編創作バレエを得意とし、また『エニグマ・バリエーション』などの小品も上演、フォンティンの相手役としてヌレーエフが活躍した。70年にはマクミランが芸術監督に就任、アシュトンの路線を継承しつつ、ロビンズやクランコら外国の作品をレパートリーに加え、自身も『マノン・レスコー』『うたかたの恋』を振付け上演した。その後、芸術監督にはダウエルAnthony Dowell(1943― )、ストレトンRoss Stretton(1952― )らが就任し、伝統を守ると同時に新しい趣向を凝らした舞台をつくり続けている。歴代の専属振付者としてアシュトン、マクミランのほかビントリーDavid Bintley(1957― )らがいる。[市川 雅・國吉和子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ロイヤル・バレエ団の関連キーワードマクミラン(Sir Kenneth MacMillan)アシュトン(Sir Frederic Ashton)バーミンガム・ロイヤル・バレエ団サー・フレデリック アシュトンクリスティーナ ミシャネックヴィヴィアナ デュランテリャーン ベンジャミンデービッド ビントリーセバスチャン クロボーデンマーク王立バレエ団スティーブン マクレイロバート テューズリー英国ロイヤル・バレエ団マリアネラ ヌニェスケネット グレーヴェアンソニー ダウエルマーゴ フォンテインKバレエ・カンパニーイレク ムハメドフケネス マクミラン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロイヤル・バレエ団の関連情報