ロックン・ロール

デジタル大辞泉プラスの解説

ロックン・ロール

アメリカのロック・バンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの曲。ラスト・アルバム「ローデッド」(1970年)に収録。原題《Rock N' Roll》。

ロックン・ロール

イギリスのミュージシャン、元ビートルズのジョン・レノンのアルバム。1975年発表。チャック・ベリー、ベン・E・キング、ファッツ・ドミノなど、1950年代~60年代に活躍したアーティストのロックン・ロール・スタンダード・ナンバーのカバーを収録したアルバム。全英、全米アルバムチャート共に最高位6位。原題《Rock'N'Roll》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロックン・ロール
ろっくんろーる
rock'n'roll

ロック・アンド・ロールの略。1950年代中ごろのアメリカで、黒人のリズム&(アンド)ブルースと白人のカントリー音楽の融合によって生まれた若者の音楽の名称。R&Bの白人社会への浸透と、白人音楽家によるその白人化に始まったとみることができる。命名者は白人ディスク・ジョッキーのアラン・フリードだという。のちにロックとなったが、初期のスタイルはいまもロックン・ロールとよぶ。[青木 啓]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ロックン・ロールの関連情報