コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロマプリエタ地震 ロマプリエタじしんLoma Prieta earthquake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロマプリエタ地震
ロマプリエタじしん
Loma Prieta earthquake

1989年10月17日午後5時4分頃,アメリカ合衆国のカリフォルニア州中部で発生したマグニチュード(M)7.1の地震。サンフランシスコ湾岸地震ともいう。サンフランシスコオークランドサンタクララなどの都市で死者 61人,負傷者 2500人,総額 70億ドルの大きな被害を出した。おもな被害はサンフランシスコ北部のマリーナ地区での住宅倒壊,ガス管損傷による火災,湾をまたぐベイブリッジの一部損壊,オークランド北部の 2層式フリーウェーの約 2kmにわたる崩壊など。カリフォルニアのほぼ南北を貫くサンアンドレアス断層沿いの長さ 40kmの部分が約 2mずれたことが原因だが,その場所は 1906年のサンフランシスコ大地震で破壊されたとき,ずれが小さかったため,いずれ再発するであろうと長期的な地震予知がなされていた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ロマプリエタ地震の関連キーワードデ・ヤング美術館なぎさ現象

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android