コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロルシュ修道院 ロルシュしゅうどういん Kloster Lorsch

3件 の用語解説(ロルシュ修道院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロルシュ修道院
ロルシュしゅうどういん
Kloster Lorsch

ドイツ,ヘッセン州南部の町ロルシュに残る中世の王立修道院。 764年,領主オーバーラインガウ伯カンコールとその母が私的修道院を建ててメスの大司教クロデガングに託したのが始まりとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ロルシュ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ロルシュ修道院】

Reichsabtei Lorsch》ドイツ南西部、ヘッセン州の都市、ロルシュにある修道院の遺構。764年、カロリング朝フランク王国の時代に建造。現在は「王の門」のみが残る。ロマネスク以前のカロリング朝建築様式を伝える建造物として知られ、1991年に「ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスター」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ロルシュしゅうどういん【ロルシュ修道院】

中世ドイツの修道院。762年ウォルムス近傍のロルシュLorschにルペルティーナ家Rupertinerが建立し,メッツ司教クローデガングの指導のもとに成立した。772年帝国修道院となる。9世紀には120ないし150名の修道士を擁したと推定され,王家その他大小領主から寄進された所領はライン川全流域に広がり,商業的活動も盛んであった。学問,芸術の府としても栄え,とくに教会法学と歴史学に優れ,その図書館は当時最大級のものであったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ロルシュ修道院の関連キーワードウォルムスウォルムス大聖堂ウォルフラムフォンエッシェンバハウォルムス国会修道士修道女ボルムスボルムス大聖堂ウォルムス協約ウォルムス勅令

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone