コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロルシュ修道院 ロルシュしゅうどういんKloster Lorsch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロルシュ修道院
ロルシュしゅうどういん
Kloster Lorsch

ドイツ,ヘッセン州南部の町ロルシュに残る中世の王立修道院。 764年,領主オーバーラインガウ伯カンコールとその母が私的修道院を建ててメスの大司教クロデガングに託したのが始まりとされる。クロデガングが教皇から殉教者聖ナザリウスの遺骨を譲り受けたのを機に巡礼者をひきつけるようになった。9世紀後半,東フランク王のルートウィヒ2世が聖堂東側に王家の墓廟を,その息子ルートウィヒ3世が華麗な壁画と装飾から「彩りの聖堂」と呼ばれる地下祭室をつくった。またその頃,『ロルシュの福音集』をはじめとする 600冊もの写本を有していた。とりわけ有名な楼門は「王の門」とも呼ばれ,正面の外壁に幾何学模様の装飾石積みが施された独特なもので,カロリング朝建築の貴重な遺構となっている。 1991年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ロルシュ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【ロルシュ修道院】

Reichsabtei Lorsch》ドイツ南西部、ヘッセン州の都市、ロルシュにある修道院の遺構。764年、カロリング朝フランク王国の時代に建造。現在は「王の門」のみが残る。ロマネスク以前のカロリング朝の建築様式を伝える建造物として知られ、1991年に「ロルシュの王立修道院とアルテンミュンスター」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ロルシュしゅうどういん【ロルシュ修道院】

中世ドイツの修道院。762年ウォルムス近傍のロルシュLorschにルペルティーナ家Rupertinerが建立し,メッツ司教クローデガングの指導のもとに成立した。772年帝国修道院となる。9世紀には120ないし150名の修道士を擁したと推定され,王家その他大小領主から寄進された所領はライン川全流域に広がり,商業的活動も盛んであった。学問,芸術の府としても栄え,とくに教会法学と歴史学に優れ,その図書館は当時最大級のものであったらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ロルシュ修道院の関連キーワードステンドグラス

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android