コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローズグラス ローズグラス Rhodes grass

4件 の用語解説(ローズグラスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ローズ‐グラス(Rhodes grass)

イネ科の多年草。高さ60~150センチ。夏、メヒシバに似た穂をつける。アフリカの原産で、温帯では牧草として栽培。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ローズグラス

南アフリカ原産の暖地型イネ科の多年生牧草。茎は細長く,きわめて多葉。C.J.ローズによって牧草としての価値が認められ,栽培されるようになったことから,この名がある。
→関連項目牧草

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ローズグラス【Rhodes grass】

飼料とするために暖地で栽培されるイネ科の多年草。原産地南アフリカで,C.J.ローズの名にちなむといわれる。茎は細長く草丈1~1.5mとなり,多数の細い葉をつける。先に穂をつけ,穂はその基部で10~15本に枝分れし,各軸は長さ5~10cmで多数の小穂をつける。1小穂は2小花よりなり,小花は長さ3mmほどで外穎(がいえい)に1~5mmの芒(のぎ)がつく。地上をはう匍匐(ほふく)茎によって増殖するのがふつうであるが,一年草的なものや長い匍匐茎を出さずに株状になるものなど,多数の生態型がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローズグラス
ろーずぐらす
Rhodes grass
[学]Chloris gayana Kunth

イネ科の多年草。アフリカ南部原産。草丈は60~150センチメートルで、夏にメヒシバに似た穂状花序をつける。地下茎でも繁殖する。真夏の高温に強く、やせ地でもよく生育するので、アメリカ東南アジアオーストラリアなどで牧草として栽培される。日本へも1958年(昭和33)にアメリカから導入され、関東地方以南の暖地の夏型牧草として利用されている。5月に種を播(ま)き、7~10月の間に4、5回刈り取ることができる。生草で10アール当り6~10トンの収量があり、乾草にしても品質がよい。関東地方以北では越冬することができず、一般に温帯では一年草として栽培されている。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ローズグラスの関連キーワード硬質米高粱禾穀類四国稗タロ芋蓮芋蓬莱竹露地物モロコシ粗飼料 (roughage)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone