コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロートブラット ロートブラット Rotblat, Joseph

4件 の用語解説(ロートブラットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ロートブラット
ロートブラット
Rotblat, Joseph

[生]1908.11.4. ポーランドワルシャワ
[没]2005.8.31. イギリスロンドン
ポーランド生まれのイギリスの物理学者パグウォッシュ会議創設者・会長。 1932年ワルシャワのポーランド自由大学で修士号,1938年ワルシャワ大学で博士号を取得。 1939年イギリスのリバプール大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ロートブラット

ポーランドおよびイギリスの国籍をもつ物理学者。ポーランドのワルシャワ生れ。ワルシャワ大学で物理学の博士号を取得。1930年代にイギリスへ渡り,リバプール大学でサイクロトロンの研究に関わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ロートブラット【Joseph Rotblat】

1908~2005) イギリスの物理学者。ポーランド生まれ。核分裂の研究からマンハッタン計画に参加するがドイツ敗北を確信して離脱。戦後核廃絶を訴えるパグウォッシュ会議を創設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロートブラット
ろーとぶらっと
Joseph Rotblat
(1908―2005)

イギリスの物理学者。ポーランド生まれ。5歳のとき第一次世界大戦が始まり、苦学してポーランド自由大学を卒業。1939年、30歳のとき祖国を離れ、イギリスのリバプール大学でサイクロトロンの研究に携わる。その後、アメリカ核兵器開発プロジェクトマンハッタン計画」に参加するため渡米するが、核兵器開発への疑問を抱き、1944年同計画から離脱しアメリカを去る。1955年核廃絶を目ざす「ラッセルアインシュタイン宣言」に原署名者として参加。1957年核兵器と戦争の廃絶を目ざす科学者の会議「パグウォッシュ会議」をバートランド・ラッセルらと創設。1973年まで事務局長を務め、1988年会長に就任。一貫して核兵器廃絶に向けて尽力してきたことに対し、1995年パグウォッシュ会議とともにノーベル平和賞が贈られた。[編集部]
『ジョセフ・ロートブラット著、小野周監訳『核戦争と放射線』(1982・東京大学出版会) ▽ジョセフ・ロートブラット編著、黒沢満訳『科学者の役割――軍拡か軍縮か』(1986・西村書店) ▽ジョセフ・ロートブラット他編著、小沼通二他監訳『核兵器のない世界へ』(1995・かもがわ出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ロートブラットの関連キーワード逆ポーランド記法ポーランド記法ポーランド回廊ポーランド統一労働者党ポーランド農民党ニュージーランド海驢キャンディーランドポーランド室内管弦楽団オーランド[諸島]阪東宏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ロートブラットの関連情報