ローマ劫掠(読み)ローマごうりゃく(英語表記)Sacco di Roma

  • ローマ劫掠 Sacco di Roma

世界大百科事典 第2版の解説

イタリア戦争中の1527年に起こったローマ略奪ゲオルクフォン・フルンスベルク指揮下のドイツ人傭兵は飢えた集団となって,1526年11月アルプスを越え,当時ミラノを支配していた神聖ローマ皇帝軍のブルボン公がこれに合して,2万2000におよぶ暴徒となり各地で略奪を重ねながら,27年5月6日,ローマの城壁内に侵入した。教皇クレメンス7世はサンタンジェロ城に避難し,ローマ全市は暴徒の略奪,暴行殺人,破壊にゆだねられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android