優柔不断(読み)ゆうじゅうふだん

四字熟語を知る辞典「優柔不断」の解説

優柔不断

ぐずぐずして物事決断の鈍いこと。

[活用] ―な・―に・―だ。

[使用例] ただ、優柔不断の金さんが、母の悪口をいわれて、夢中で、権力者に反抗したことだけが[火野葦平牢獄|1950]

[使用例] 彼が少年時代から久しい間、優不断のくりかえしのうちにひそかに夢み、ひそかに待ち望んでいた事態はこれだったのだ[三島由紀夫*春の雪|1965~67]

[解説] 「優柔」は物事に煮えきらないこと。「不断」は決断力に欠けること。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「優柔不断」の解説

ゆうじゅう‐ふだん イウジウ‥【優柔不断】

〘名〙 (形動) ぐずぐずして物事の決断の鈍いこと。また、そのさま。優遊不断
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一一「君は優柔不断(ユウジウフダン)だからいけない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「優柔不断」の解説

ゆうじゅう‐ふだん〔イウジウ‐〕【優柔不断】

[名・形動]気が弱く決断力に乏しいこと。また、そのさま。「優柔不断な(の)態度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android