コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローレン ローレンLoren, Sophia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ローレン
Loren, Sophia

[生]1934.9.20. ローマ
イタリアの映画女優。本名 Sofia Scicolone。 1950年デビューして以来,多くの主演作品がある。代表作はアカデミー主演女優賞を獲得した『ふたりの女』 (1960) のほか,『昨日・今日・明日』 (64) ,『ひまわり』 (70) など。

ローレン
Lauren, Ralph

[生]1939.10.14. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカの服飾デザイナー。ネクタイセールスマンとして出発し,1967年から 1969年までネクタイのデザイナーとして,幅広の高級ネクタイブームをつくり出す。1969年メンズウエアのポロ社を設立,高い評価を得る。1971年からは婦人服にも進出。さらに子供服革製品,家具などのトータルファッションを確立している。イギリス風の保守的でクラシカルなデザインが特徴。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ローレン

イタリアの俳優。ローマ生れ。喜怒哀楽の激しい開放的な個性で〈イタリアの太陽〉と称された国民的女優。美人コンテスト入賞を機に映画界入り。《海底アフリカ》(1953年)や《河の女》(1954年)でスターとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローレン
ろーれん
Sophia Loren
(1934― )

イタリアの映画女優。ローマに生まれ、ナポリで育ち、美人コンテストに入賞して映画界に入る。大プロデューサーのカルロ・ポンティと結婚して、世界的な大女優に成長したが、彼との結婚が重婚罪で訴えられて、正式に成立するまでに9年かかった。大型で明るいグラマーな美女で、イタリア、アメリカ、イギリス、フランス映画などで国際的に活躍した。主要な作品は『河の女』(1955)、『ふたりの女』(1961)、『ボッカチオ'70』(1961)、『昨日・今日・明日』(1964)、『ローマ帝国の滅亡』(1964)、『チャップリンの伯爵夫人』(1966)、『ひまわり』(1969)、『特別な一日』(1977)、『プレタポルテ』(1994)がある。[日野康一]
『筈見有弘編『ソフィア・ローレン 華麗なる大輪のひまわり』(1975・芳賀書店) ▽A・E・ホッチナー著、坂口智彰訳『ソフィア・ローレン 生きて愛して』(1979・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ローレンの関連キーワードロレンス(David Herbert Richards Lawrence)ロレンス(Ernest Orlando Lawrence)ロレンス(Thomas Edward Lawrence)クラウジウス‐モソッティ‐ローレンツ‐ローレンツの式ロレンス(Sir Thomas Lawrence)ロージー ハンティントンホワイトリーフィッツジェラルド=ローレンツの収縮フィッツジェラルドローレンツ収縮コンゴ・ザイール解放民主勢力連合クラウジウス‐モソッティの式マルチェロ マストロヤンニカリフォルニア・ドールズオリエント急行殺人事件ブルックス・ブラザーズローレンツファクターローレン・バコールサイクロトロン運動ローレンツの局所場ローレン バコールソフィア ローレン

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローレンの関連情報