コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ローン担保証券 ローンたんぽしょうけん

大辞林 第三版の解説

ローンたんぽしょうけん【ローン担保証券】

不動産貸付などの事業貸付債権を裏付けに発行される証券。 CLO 。 → 資産担保証券CDO中小企業債券市場

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ローン担保証券
ろーんたんぽしょうけん

CLO(Collateral Loan Obligation)。金融機関が事業会社などに対して貸し出している貸付債権(ローン)を証券化したもので、ローンの元利金を担保にして発行される債券。資産担保証券(ABS)の一種。日本では、1990年代なかば以降、不良債権の大量発生により銀行の自己資本が脆弱(ぜいじゃく)化するなか、貸付債権の流動化による資産圧縮対策の一つとして活発に発行された。また2000年(平成12)以降、中小企業が金融機関の貸し渋りで悩むなか、東京都が中小企業でも事業資金を債券市場から調達できる手法として採用した。具体的なスキーム(仕組み)としては、金融機関がローンを特別目的会社に譲渡し、特別目的会社が債券を組成し、投資家がこれを購入する。そして、ローンからの元利金を投資家が受け取るという仕組みが一般的。同じくABSの一種で、複数の社債を裏付け資産として発行されるのが社債担保証券(CBO)、また社債や貸出債権(ローン)などから構成される資産を担保として発行されるのが債務担保証券(CDO)である。[中村 稔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ローン担保証券の関連キーワード連邦住宅貸付抵当公社モノライン保険会社サブプライムローン中小企業債券市場金融商品取引法不動産担保証券債務担保証券ウォール街住宅ローンRMBSCMBSCBOCDOCLO

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ローン担保証券の関連情報