コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイシャツ ワイシャツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイシャツ

ホワイトシャート white shirtの日本的略称で,おもに男性背広服の下に着る台襟カフスのついた前開きシャツをいう。この語の日本語への定着は 1910年代で,それまでは上襦袢 (うわじゅばん) ,白色のシャツ,ホワイトシャツなどと呼称された。現在では,白ばかりでなく,色柄物も多い。材質は,綿ブロード,麻,絹のほか合成繊維のものがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ワイシャツ

背広の下に着るシャツ。ホワイト・シャツの転訛(てんか)。衿が身ごろに縫いつけになった現在の形のものは1935年ごろから一般化。それ以前のものはセパレートカラーであった。
→関連項目シャツ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ワイシャツ

背広の下に着るシャツの総称。ワイシャツという名称は日本独自のもので,英語のホワイト・シャツwhite shirtが転訛(てんか)した言葉。明治初期には〈白じゅばん〉と訳されていたが,中期から末期にかけて〈ホワイト・シャツ〉という名称が多く用いられるようになり,大正初期にはワイシャツという呼名が定着した。また肌着としてのシャツと区別するのにワイシャツという用語は便利だった。昭和初期までのワイシャツは衿が取りはずし式になったセパレート・カラーだったが,それまで兵隊シャツとかカッター・シャツと呼ばれていた,衿が身ごろに縫いつけになったものも,背広に合わせるワイシャツとしてつくられるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ワイシャツ

〔ホワイト-シャツの転。「 Y シャツ」とも書く〕
前開きで、台襟・カフス・前立てのついたシャツ。多く男性が背広などの下に着る。もと、襟・カフスをボタンで身頃・袖にとめて着た。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワイシャツ
わいしゃつ

背広の下に着用するシャツのこと。ネクタイとともに着装する。英語のホワイト・シャツwhite-shirtが日本語に転訛(てんか)した語とされる。日本では明治末期にホワイト・シャツが一般に着用されるようになったが、大正初期にかけてワイシャツという用語となって定着した。さらに昭和初期、もともとの意味を超えて背広の下に着るシャツとして使われるようになった。したがって白以外の色物や柄(がら)物などのシャツもワイシャツとよんでいる。襟腰付きのカラー、前あきボタン留め、カフスがつくのが特徴。袖(そで)は長袖だが、最近では夏季用として半袖もつくられている。木綿、麻、絹、ウール、ポリエステルを素材とした、ブロード、オックスフォード、バチスト、ポプリン、シャンブレーなどの、いわゆるシャツ地(シャーティングshirting)が用いられる。
 カラーやカフスは、流行やワイシャツの種類により種々の型があるが、礼装用のドレス・シャツは、糊(のり)付けした取り外し式のカラーとカフスが特徴である。通常用ではシングル・カフスとダブル・カフスとがある。襟は標準型のレギュラー、襟先をボタンで留めるボタンダウン、ピンで留めるピンホール、タブ付きのタブ・カラーなどがあり、襟先のポイントは長いもの、短いもの、丸いものなどがある。ワイシャツのサイズは、襟回り寸法と、裄(ゆき)寸法とで決められる。[深井晃子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ワイシャツの関連キーワードcutter shirtshirt blouseパーマネントプレス加工cuffs botaoピンホールカラーコンパニオンPCシャツブラウスホワイトカラーカッターシャツホンコンシャツシャツウエストダブルカラーアームバンドカフスボタンドレスシャツ岐阜シャツ香港シャツタブカラータイタックシュミーズ

ワイシャツの関連情報