コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイセンベルク効果 ワイセンベルクこうか Weissenberg effect

3件 の用語解説(ワイセンベルク効果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイセンベルク効果
ワイセンベルクこうか
Weissenberg effect

非常に大きな変形が可能な粘弾性液体を,一定速度で回転する円筒の中へ入れ,その中心に回転しない内円筒を入れる。純粘性液体では遠心力により外円筒の付近が盛り上がる。しかし,高分子溶液のような粘弾性液体では,剪断応力のほかに,流線に沿う方向に張力を生じ,遠心力に抗し内側に,かつ重力に抗し上側に液体は移動し内円筒のまわりに盛り上がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ワイセンベルク‐こうか〔‐カウクワ〕【ワイセンベルク効果】

粘弾性を示す液体に見られる現象の一。コロイド溶液や高分子溶液の液面に棒を立てて回転させた時に、液体が棒にまとわりついて、はい上がろうとする現象を指す。1947年にオーストリア物理学者K=ワイセンベルクが発見。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典の解説

ワイセンベルク効果【Weissenberg effect】

ヴァイセンベルク効果*に同じ.粘弾性液体の液面に垂直に軸を回転させると,液は回転軸に沿ってよじ登る傾向を示す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワイセンベルク効果の関連キーワード永久変形応力集中粘弾性無極性液体緩和弾性率法線応力効果ずれ弾性率の式バラス効果フォークトの式(粘弾性)メリントン効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone