コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワイセンベルク効果(読み)ワイセンベルクこうか(英語表記)Weissenberg effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワイセンベルク効果
ワイセンベルクこうか
Weissenberg effect

非常に大きな変形が可能な粘弾性液体を,一定速度で回転する円筒の中へ入れ,その中心に回転しない内円筒を入れる。純粘性液体では遠心力により外円筒の付近が盛り上がる。しかし,高分子溶液のような粘弾性液体では,剪断応力のほかに,流線に沿う方向に張力を生じ,遠心力に抗し内側に,かつ重力に抗し上側に液体は移動し内円筒のまわりに盛り上がる。この現象ワイセンベルク効果という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワイセンベルク‐こうか〔‐カウクワ〕【ワイセンベルク効果】

粘弾性を示す液体に見られる現象の一。コロイド溶液や高分子溶液の液面に棒を立てて回転させた時に、液体が棒にまとわりついて、はい上がろうとする現象を指す。1947年にオーストリアの物理学者K=ワイセンベルクが発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android