コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワシントン大学 ワシントンだいがく Washington University

3件 の用語解説(ワシントン大学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワシントン大学
ワシントンだいがく
Washington University

アメリカ合衆国,ミズーリ州セントルイスにある私立,非宗派の総合大学。 1853年エリオット・セミナリーとして認可され,57年現在名に改称。文理,経済,建築,芸術,法学,工学,医学などの学部がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ワシントン大学
ワシントンだいがく
University of Washington

アメリカ合衆国,ワシントン州シアトルにある州立の総合大学。 1861年認可。建築・都市計画,文理,経営,教育,工学,海洋・水産,森林資源,薬学,歯学,法学,医学,看護,ソーシャルワーク公衆衛生などの学部と大学院アルコール中毒薬物中毒研究所などの施設がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワシントン大学
わしんとんだいがく
University of Washington

アメリカ合衆国ワシントン州にある州立の総合研究大学シアトルタコマ、ボセルBothellの3か所にキャンパスがある。アメリカ西海岸で2番目に設立された古い大学であり、北西部ではもっとも規模が大きい名門校と評価される。なお、同州にはワシントン州立大学Washington State Universityもあるが、本校とは別の大学である。
 ワシントン大学は、1861年すなわちワシントンが州になる以前に創設された、アメリカ西海岸でもっとも古い州立総合大学の一つである。ワシントン州が成立した1889年には、すでに学生数が増大し、初期のキャンパスでは土地が足りなくなっていたため、1895年に現在のシアトル・キャンパスに最初に建てられた校舎であるデニーホールDenny Hallで講義が行われるようになった。
 1909年、ワシントン大学は「アラスカ州-ユーコン州-太平洋世界博覧会」(ユーコン州はカナダ)の開催地となったが、これが大学としての新しい幕開けとなり、全米の注目を集めるようになった。第二次世界大戦以降は、研究成果とそれが支える大学院プログラムへの評価が高まり、国際的な名声を得るようになった。現在も、ワシントン大学の大学院プログラムは、全米内できわめて高い評価を得ている。ワシントン大学には、学部と大学院が合計17あるが、大学院のなかでもっとも人気が高いのは文理学部の大学院the College of Arts and Sciencesである。次に人気が高いのは、工学、ビジネス、教育、公衆衛生や医学などである。その研究熱心な姿勢は、連邦政府などからの助成金の額にも表れている。たとえば、2002年には、公私含めて8億ドル以上の助成金や研究教育への支援のための契約を受託しており、1969年以来、連邦政府の表彰を受ける国内で上位の5大学(トップ5)のなかに入っている。また、1974年以来連続して、教育研究のための連邦政府支援を受けている国内ナンバーワンの公立大学ともいえる。こうした大学での研究は、工学、森林学、航空宇宙産業、海洋科学、健康科学など、あらゆる分野において地域の主要な産業となり、地域経済を活性化させている。
 ワシントン大学は、地理的観点および人口動態の観点から、高等教育の機会を拡大するために、1990年シアトル近郊に新しい2つのキャンパス、ボセル校とタコマ校を開設した。二つのキャンパスは、いずれも最初の2年間の大学教育を終えている学生と、修士課程修了の候補者用のプログラムを提供している。双方とも、昼夜間のクラスと週末のクラスを開講している。
 全体の学生数は4万2974人、そのうちシアトル・キャンパスに3万9251人(学士課程2万5469人、大学院・専門職大学院1万1763人、その他短期留学生などが2019人)、教職員数は2万7600人(2005年度)。[小島佐恵子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワシントン大学の関連キーワードシアトルタコマアメリカン合衆国ネブラスカ華盛頓シアトル交響楽団シアトルマラソンシアトルセンターワシントン[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワシントン大学の関連情報