コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワスレガイ Cyclosunetta menstrualis; broad hinged venus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワスレガイ
Cyclosunetta menstrualis; broad hinged venus

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。長 7cm,殻高 6cm,殻幅 2.5cm。殻は厚質堅固,円形で,ふくらみは弱い。殻表は平滑で光沢があり,通常紫褐色の地にやや濃色の放射帯や網紋がある。殻頂の後方,両殻の間には深いくぼみができ,その中に黒い靭帯がある。殻の内面は紫白色で,縁部には細かい刻みがある。房総半島以南,西太平洋に分布し,浅海の細砂底にすむ。肉は食用。なお古来,詩歌に「恋忘れ貝」が詠まれているが,本種のことかどうかは明確でない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ワスレガイ

マルスダレガイ科の二枚貝。高さ6cm,長さ7cm,幅2.5cm。ふくらみは弱く,殻は厚質。多くは紫褐色であるが,殻色や模様は個体により異なる。殻頂の後縁が深く湾入し,出水管をこのくぼみに沿わせて出す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワスレガイ
わすれがい / 忘貝
broad hinged venus
[学]Cyclosunetta menstrualis

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。房総半島以南の西太平洋に分布し、浅海の細砂底にすむ。殻長60ミリメートル、殻高70ミリメートル、殻幅25ミリメートルに達し、円形に近く、膨らみは弱い。殻は厚質堅固で、両殻をあわせるとレンズのようである。殻表は平滑で光沢があり、通常紫褐色で放射帯や細かい網目模様がある。殻頂の後ろに深くくぼんだ楯面(じゅんめん)があり、その中に靭帯(じんたい)がある。内面は紫白色、縁部は細かく刻まれる。肉は食用となり、観光地によってはハマグリ類などとともに売られている。古来、詩歌に名高い貝で、『万葉集』にも「いとまあらば拾ひに行かむ住吉の岸に寄るてふ恋忘れ貝」とある。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ワスレガイの関連キーワード松山忘

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android