ワスレガイ(読み)わすれがい(英語表記)broad hinged venus

改訂新版 世界大百科事典 「ワスレガイ」の意味・わかりやすい解説

ワスレガイ (忘貝)
broad hinged venus
Cyclosunetta menstrualis

マルスダレガイ科の二枚貝。殻は厚くて堅固,円形に近く膨らみは弱い。長さ7cm,高さ6cm,膨らみ2.5cmに達する。表面は滑らかで光沢がある。通常紫褐色の放射状の色帯や細かい網目状の模様があるが,全体が白色のものまで個体変異著しい殻頂は深くくぼみ,その底に靱帯がある。内面は紫白色で,縁部には細かなぎざぎざがある。房総半島以南~熱帯太平洋に広く分布し,浅海の砂底にすむ。プランクトンや有機物を食べる。産卵期はよくわからない。江の島などの観光地でチョウセンハマグリなどとともに袋に入れて売られている。肉は食用になるが多少硬い。古来,〈大伴御津の浜なる忘れ貝家なる妹を忘れておもへや〉(身人部王,万葉集)など多く詩歌に詠まれ名高い貝ではあるが,現在のこの種だけに限らず浜に打ち上げられたいろいろの貝をさすものと思われる。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ワスレガイ」の意味・わかりやすい解説

ワスレガイ
わすれがい / 忘貝
broad hinged venus
[学] Cyclosunetta menstrualis

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科の二枚貝。房総半島以南の西太平洋に分布し、浅海の細砂底にすむ。殻長60ミリメートル、殻高70ミリメートル、殻幅25ミリメートルに達し、円形に近く、膨らみは弱い。殻は厚質堅固で、両殻をあわせるとレンズのようである。殻表は平滑で光沢があり、通常紫褐色で放射帯や細かい網目模様がある。殻頂の後ろに深くくぼんだ楯面(じゅんめん)があり、その中に靭帯(じんたい)がある。内面は紫白色、縁部は細かく刻まれる。肉は食用となり、観光地によってはハマグリ類などとともに売られている。古来、詩歌に名高い貝で、『万葉集』にも「いとまあらば拾ひに行かむ住吉の岸に寄るてふ恋忘れ貝」とある。

[奥谷喬司]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「ワスレガイ」の意味・わかりやすい解説

ワスレガイ
Cyclosunetta menstrualis; broad hinged venus

軟体動物門二枚貝綱マルスダレガイ科。殻長 7cm,殻高 6cm,殻幅 2.5cm。殻は厚質堅固,円形で,ふくらみは弱い。殻表は平滑で光沢があり,通常紫褐色の地にやや濃色の放射帯や網紋がある。殻頂の後方,両殻の間には深いくぼみができ,その中に黒い靭帯がある。殻の内面は紫白色で,縁部には細かい刻みがある。房総半島以南,西太平洋に分布し,浅海の細砂底にすむ。肉は食用。なお古来,詩歌に「恋忘れ貝」が詠まれているが,本種のことかどうかは明確でない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「ワスレガイ」の意味・わかりやすい解説

ワスレガイ

マルスダレガイ科の二枚貝。高さ6cm,長さ7cm,幅2.5cm。ふくらみは弱く,殻は厚質。多くは紫褐色であるが,殻色や模様は個体により異なる。殻頂の後縁が深く湾入し,出水管をこのくぼみに沿わせて出す。房総半島〜熱帯太平洋の水深5〜20mの砂底にすむ。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android