ワセリン(英語表記)vaseline

翻訳|Vaseline

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワセリン
vaseline

石油蒸留残渣から得られるペトロラタムをさらに精製したもので,黄色ワセリンと白色ワセリンとがある。ペトロラタムは,おもに一般式 CnH2n+2メタン系炭化水素の半固体の混合物で,無味無臭,多少黄色をしているものもある。高沸点アルカンで,アルコール,グリセリン,水に不溶,ベンゼン,エーテル,クロロホルム,油に可溶。軟膏基剤,化粧品,減摩剤,防銹剤などに用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ワセリン【Vaseline】

重油から得る炭化水素の混合物。白色あるいは淡黄色の軟膏状。中性で刺激性がなく、空気酸化や化学薬品の作用を受けにくいので、軟膏・化粧品の基剤、機械類の防銹ぼうしゆう剤・減摩剤などに用いる。商標名。石油工業ではペトロラタムという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワセリン
わせりん
vaseline

石油から分離された非結晶性軟膏(なんこう)様物質。化学的には炭化水素類の混合物で、大部分は分岐鎖を有するパラフィン(イソパラフィン)からなり、少量の環状パラフィンを含む。組成や物性は原油によって異なる。日本薬局方には黄色ワセリンと白色ワセリンがあり、白色ワセリンは黄色ワセリンを脱色・精製したものである。液性のものは流動パラフィンであり、結晶性のものは固形パラフィンで、組成は類似している。
 ワセリンは中性で、においや味はなく、刺激性もない。また、日光や湿気などによって酸敗することがなく、種々の軟膏基剤、化粧品基剤として繁用されている。欠点は、吸水性がなく、皮膚への浸透性が少なく、粘着性が強いことで、薬用としては創傷面や肉芽面、手足のひび・あかぎれに塗布剤として用いられ、工業的には機械類のさび止めにも使われる。白色ワセリン、さらしみつろう、ステアリルアルコールまたはセタノール、コレステロールを配合した親水ワセリンは、吸水性がよいので主薬の浸透性もよくなる。このほか、精製ラノリンを配合して親水性としたものもあり、粘膜や皮膚の保護剤としても有効である。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のワセリンの言及

【ペトロラタム】より

…石油の潤滑油留分を溶剤脱蠟して得られる軟質の非結晶性または微結晶性のワックスに,潤滑油の重質留分を練り合わせた半固体状混合物。用途は,軟膏など医薬用(ワセリン),またさび止め剤がおもなものである。精製度の低いものは緑色で一般に青ペトと呼ばれ,白土処理したものは淡褐色で赤ペトといい,さらに高度に精製すると無色に近くなる。…

※「ワセリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワセリンの関連情報