ワタラ(英語表記)Ouattara, Alassane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ワタラ
Ouattara, Alassane

[生]1942.1.1. ディンボクロ
コートジボアールの政治家。大統領(在任 2010~ )。フルネーム Alassane Dramane Ouattara。ジウラ族のイスラム教の両親のもとに生まれた。初等教育をコートジボアールで,中等教育をオートボルタ(→ブルキナファソ)で受けたのちアメリカ合衆国にり,1965年経営管理学理学士号,1967年経済学修士号,1972年博士号を取得した。1968~88年国際通貨基金 IMFでエコノミスト,アフリカ局長,専務理事顧問を歴任。1973~84年西アフリカ諸国中央銀行 BCEAOで働き,1988~90年総裁を務めた。1990年,BCEAOでの仕事を続けるかたわら,コートジボアールのフェリックス・ウフエ=ボワニ大統領から経済回復に関する特別委員会の委員長に任命された。同年 11月には新たに創設された首相職についた。1999年ワタラは共和連合 RDRから大統領選挙に出馬する準備があったが,選挙前の法改正によって,両親のうち一方がオートボルタ出身者とされることを理由に立候補できなかった。被選挙人資格の制限の見直しを求める国際的な圧力に後押しされたローラン・バグボ大統領は 2005年,次回の大統領選挙でのワタラの立候補資格を保証した。2010年11月,大統領選挙の決選投票が行なわれ,当初ワタラの当選が発表されたが,憲法評議会はバグボが僅差で勝利と裁定。さらにバグボは武力による抵抗を続け,内戦の危機を招いた。これに対し国際社会はワタラを支持し,2011年4月バグボはワタラ側に身柄を拘束される。同 2011年5月6日,憲法評議会が先の決定を覆し,ワタラの当選を宣言した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワタラの関連情報