コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワットアルン ワットアルンWat Arun

世界の観光地名がわかる事典の解説

ワットアルン【ワットアルン】
Wat Arun

タイの首都バンコクのチャオプラヤ川沿いにある壮麗な寺院。バンコクの中心市街からは対岸にあり、渡し船で行くことができる。タイの10バーツ硬貨に描かれ、三島由紀夫の小説『の寺』の舞台となった寺院としても知られる。高くそびえる色とりどりの5基のパゴダ仏塔)があり、大仏塔の高さは75m。仏塔の正面には、仏像を安置した御堂がある。創建の年代は不詳だが、トンブリー王朝を開いたタクシン王により、同王朝の王宮寺院に改修された。◇「ワットアルン」は「暁の寺」という意味。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ワット‐アルン(Wat Arun)

タイの首都バンコクの中心部にある仏教寺院。チャオプラヤー川を挟んで、王宮の対岸に位置する。アユタヤ朝時代以前から存在し、トンブリー朝時代に王室寺院となった。高さ75メートルの大仏塔を中心に四つの小塔が囲む。精緻な装飾が施され、基部にはラーマキエン物語に登場するガルーダやハヌマーンの石像が並ぶ。三島由紀夫の小説「暁の寺」の舞台となったことで知られる。ワットアルンラーチャワラーラーム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ワットアルンの関連情報