コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一具 いちぐ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一具
いちぐ

「ひとそろい」「ひと組」の意味。装束,甲冑,道類について用いるほか,雅楽の舞楽では,多楽章形式の曲において,所定の楽章が全部そろって完備している形をいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぐ【一具】

器具・衣服・甲冑(かっちゅう)などの一組。ひとそろい。一式。「装束一具
同類。一味。仲間。
「その子は文覚が―の上覚といふ聖にや」〈愚管抄・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぐ【一具】

雅楽の曲で、楽章構成に欠けがなく、序・破・急などのあるべき楽章を完備していること。
ひとそろい。ひと組み。一式。 「袴はかま-/宇津保 蔵開上
一緒にいること。一緒にいる人。 「文覚が-の上覚と言ふ聖ひじりにや/愚管 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

一具の関連キーワード善山出土金銅仏菩薩像春鶯囀・春鴬囀手向山神社仏教の公伝一具弓懸近江神宮一具沙汰一光三尊平家納経小川尋香高梨一具市原多代差違える高橋一具綿襖冑多代女春鶯囀襲装束金銅仏上覚

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一具の関連情報