コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一具 いちぐ

4件 の用語解説(一具の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一具
いちぐ

「ひとそろい」「ひと組」の意味。装束,甲冑,道具類について用いるほか,雅楽の舞楽では,多楽章形式の曲において,所定の楽章が全部そろって完備している形をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いち‐ぐ【一具】

器具・衣服・甲冑(かっちゅう)などの一組。ひとそろい。一式。「装束一具
同類。一味。仲間。
「その子は文覚が―の上覚といふ聖にや」〈愚管抄・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

いちぐ【一具】

雅楽の曲で、楽章構成に欠けがなく、序・破・急などのあるべき楽章を完備していること。
ひとそろい。ひと組み。一式。 「袴はかま-/宇津保 蔵開上
一緒にいること。一緒にいる人。 「文覚が-の上覚と言ふ聖ひじりにや/愚管 5

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一具の関連キーワード六義俚言俄・峨・我・牙・瓦・画・畫・臥・芽・衙・賀・雅・餓・駕俚び俗言篇什但馬宮六条宮《雅》

一具の関連情報