一具(読み)いちぐ

  • ひとぐ
  • ひとよろい ‥よろひ
  • 一具 いちぐ

デジタル大辞泉の解説

器具・衣服・甲冑(かっちゅう)などの一組。ひとそろい。一式。「装束一具
同類。一味。仲間。
「その子は文覚が―の上覚といふ聖にや」〈愚管抄・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

雅楽の曲で、楽章構成に欠けがなく、序・破・急などのあるべき楽章を完備していること。
ひとそろい。ひと組み。一式。 はかま-/宇津保 蔵開上
一緒にいること。一緒にいる人。 文覚が-の上覚と言ふ聖ひじりにや/愚管 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 器具、衣服(袴など)、甲冑などの一そろい。一組。一式。
※観智院本三宝絵(984)中「行基閼伽一具をそなへて」
※徒然草(1331頃)八二「物を必ず一具にととのへんとするは」 〔漢書‐王莽伝上〕
② 雅楽で、「五常楽(ごしょうらく)」のように、序、破、急などその曲の構成部分を完備していること。
※続教訓鈔(14C前か)「凡当曲一具ある事は、先例希なること也」
[2] 〘形動〙 同じ、または、いっしょであるさま。
※真俗交談記(1191)「資実暫不其旨。有斟酌気。親経一具可申之由。被誘詞
※愚管抄(1220)五「その子は文覚が一具の上覚と云ふひじりにや」
〘名〙 (「具」は衣服、器具などを数えるのに用いる語) 一そろい。一組。一式。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年秋「袴一ぐぞ見えし」
〘名〙 そろったもの一組。
※蜻蛉(974頃)上「硯筥ひとよろひにいれて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一具の関連情報