コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一戸直蔵 いちのへ なおぞう

2件 の用語解説(一戸直蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一戸直蔵 いちのへ-なおぞう

1877-1920 明治-大正時代の天文学者。
明治10年生まれ。母校東京帝大付置の東京天文台にはいり,明治38年アメリカヤーキス天文台に留学,帰国後同大講師となる。東京天文台の麻布から三鷹への移転に反対して赤城山頂設置を主張し,寺尾寿(ひさし)台長と衝突して辞職。大正2年「現代之科学」誌を創刊し,科学の啓蒙(けいもう)につとめた。大正9年11月27日死去。44歳。青森県出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一戸直蔵

没年:大正9.11.27(1920)
生年:明治10(1877)
明治大正時代天文学者,科学啓蒙家。青森県に生まれ,父親の反対を押し切って家出して第二高等学校に入学,東京帝大理科大学天文学科を明治36(1903)年に卒業,東京天文台に入る。38年から2年間私費でアメリカのヤーキス天文台に留学し,変光星観測にしたがう。帰国後東京帝大講師となり,雑誌『天文月報』の編集を始める。当時麻布の東京天文台の観測条件が悪化したので,移転の議が起こり,一戸は三鷹移転案に反対して,もっと条件のよい赤城山へ,さらに台湾の新高山の頂上をダイナマイトで爆破して天文台を据える案を抱き,実地に調査旅行している間に,意見の合わなかった寺尾寿台長に免職にされた。以後野に下って科学啓蒙誌『現代之科学』を創刊し,科学啓蒙の筆を執り,また日本のアカデミズム批判の論陣を張った。しかし,経営する雑誌の経営難と過労が高じて,44歳で「人生の最後とはコンナものだ」という言葉を残して病没する。

(中山茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

一戸直蔵の関連キーワード映画理論フルハイビジョンフルHDアメリカ演劇現代音楽東京大学宗教史学派新聞小説変成相小作争議

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone