コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一戸直蔵 いちのへ なおぞう

2件 の用語解説(一戸直蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一戸直蔵 いちのへ-なおぞう

1877-1920 明治-大正時代の天文学者。
明治10年生まれ。母校東京帝大付置の東京天文台にはいり,明治38年アメリカヤーキス天文台に留学,帰国後同大講師となる。東京天文台の麻布から三鷹への移転に反対して赤城山頂設置を主張し,寺尾寿(ひさし)台長と衝突して辞職。大正2年「現代之科学」誌を創刊し,科学の啓蒙(けいもう)につとめた。大正9年11月27日死去。44歳。青森県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

一戸直蔵

没年:大正9.11.27(1920)
生年:明治10(1877)
明治大正時代天文学者,科学啓蒙家。青森県に生まれ,父親の反対を押し切って家出して第二高等学校に入学,東京帝大理科大学天文学科を明治36(1903)年に卒業,東京天文台に入る。38年から2年間私費でアメリカのヤーキス天文台に留学し,変光星観測にしたがう。帰国後東京帝大講師となり,雑誌『天文月報』の編集を始める。当時麻布の東京天文台の観測条件が悪化したので,移転の議が起こり,一戸は三鷹移転案に反対して,もっと条件のよい赤城山へ,さらに台湾の新高山の頂上をダイナマイトで爆破して天文台を据える案を抱き,実地に調査旅行している間に,意見の合わなかった寺尾寿台長に免職にされた。以後野に下って科学啓蒙誌『現代之科学』を創刊し,科学啓蒙の筆を執り,また日本のアカデミズム批判の論陣を張った。しかし,経営する雑誌の経営難と過労が高じて,44歳で「人生の最後とはコンナものだ」という言葉を残して病没する。

(中山茂)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一戸直蔵の関連キーワード藪内清岩城準太郎上田穣及川奥郎新城新蔵辻隆古畑正秋松隈健彦宮崎柳条山本一清

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone