コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般図 イッパンズ

3件 の用語解説(一般図の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐ず〔‐ヅ〕【一般図】

地形・地名・集落・交通路などの多様な情報を、特定のテーマに重点を置くことなく、平均的に描いた地図。地形図地勢図・日本全図・世界全図など。→主題図

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

一般図【いっぱんず】

多目的に利用される図のことで,主題図対義語。地図上で表されるものを限定して絞り込むのではなく,様々な要素を網羅して盛り込むものをいい,国土地理院発行の地形図がその代表例。
→関連項目地図

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一般図
いっぱんず

地図を、その表現する内容ないし利用の観点から大別したときに用いられる呼称の一つ。すなわち、土地の高低や起伏、河川や湖沼、植生、土地の利用状況、交通路、都市その他の集落など、地表面上の自然、人工のすべてのものを、縮尺に応じて均等に表現した地図をいい、多目的に広く利用される。主題図の基図となる。一般図の代表的なものは、国土地理院発行の縮尺2万5000分の1や5万分の1の地形図、20万分の1の地勢図、50万分の1の地方図などである。官公庁がつくる都道府県市町村ごとの管内図、社会科地図帳などに含まれる日本や世界の地方別の地図、市販の分県地図なども、一般図に属する。[五條英司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般図の関連キーワードサーチャーATV交通遮断交通路情報革命SLOCHUMINT多様な生物高隈山中国南部カルスト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一般図の関連情報