一般国家学(読み)いっぱんこっかがく(英語表記)Allgemeine Staatslehre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般国家学
いっぱんこっかがく
Allgemeine Staatslehre

19世紀ドイツで発達した国家学 (論) 。その当時ドイツでは,国家主義的風潮が盛んであった。そのため政治を社会現象として動態的に把握する英米流の政治学とは対照的に,国家体制の普遍的法則の研究が発達した。 G.イェリネックや H.ケルゼンの『一般国家学』は,その代表的著作であるといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

一般国家学【いっぱんこっかがく】

G.イェリネックの著(1900年)。国家を社会学的見地から初めて考察した研究で,国家社会学と公法学を結合しようとし,個人と国家との関係,特に国家の自律の概念を説いた。国家の特定の側面だけを純化して対象とする旧来の方法とは異なり,国家一般を対象とする実証的・科学的方法のゆえに,現代でも意義が大きい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android