コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般国家学 いっぱんこっかがくAllgemeine Staatslehre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般国家学
いっぱんこっかがく
Allgemeine Staatslehre

19世紀ドイツで発達した国家学 (論) 。その当時ドイツでは,国家主義的風潮が盛んであった。そのため政治を社会現象として動態的に把握する英米流の政治学とは対照的に,国家体制の普遍的法則の研究が発達した。 G.イェリネックや H.ケルゼンの『一般国家学』は,その代表的著作であるといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

一般国家学【いっぱんこっかがく】

G.イェリネックの著(1900年)。国家を社会学的見地から初めて考察した研究で,国家社会学と公法学を結合しようとし,個人と国家との関係,特に国家の自律の概念を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

一般国家学の関連キーワードケルロイター(Otto Koellreutter)イェリネック(Georg Jellinek)R. カレ・ド・マルベールゲオルグ イェリネックカレ・ド・マルベールハンス ケルゼン国家自己制限説イエリネック清宮 四郎一般法学清宮四郎

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android