一行三昧(読み)いちぎょうざんまい(英語表記)ekavyūha-samādhi

  • いちぎょうざんまい イチギャウ‥
  • いちぎょうざんまい〔イチギヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仏教用語。一三昧,一荘厳三昧ともいう。この世界は一切の諸仏が体現する唯一無二の真実がきわめて多様な姿 (相・荘厳) をとって現れたものである。この多様な存在の世界 (法界) を究極的な立場から眺めれば,それは諸の真実という無差別平等の一つの相にほかならない。この平等唯一の相に観念を集中する精神集中の境地を一相三昧という。また,それは一心に一仏を念じるなので一行三昧という。この行はでは真如三昧,浄土教では念仏三昧とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

心を一つに定めて仏法を修めること。特に念仏三昧のこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ひたすら坐禅して真理を観ずること。純粋な瞑想の実践。
※筌蹄録(1909)〈釈宗演〉一「或は一行三昧、或は真如三昧」 〔文殊般若経‐下〕
② 四種三昧の一つ。法界の平等を観ずること。天台宗ではこれを常座の一行を修め、一仏の名を称え、実相を観する三昧とした。
※源平盛衰記(14C前)五「彼の一行阿闍梨と申すは、本は天台の一行三昧(ざんマイ)の禅師也けるが」
③ 一心に念仏すること。念仏三昧。
④ 転じて、一事に専心すること。
※花鏡(1424)知習道事「心に好きありて、此道に一行さんまいになるべき心、一」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる