一言半句(読み)イチゴンハンク

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「いちごん」を強調した語で、多く否定文に用いる) ちょっとしたことば。片言隻句(へんげんせっく)。一言隻句。一言一句。一言半辞。
※早雲寺殿廿一箇条(17C初)一四条「上下万民に対し、一言半句にても虚言を申べからず」
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一二「生酔の一言半句(イチゴンハンク)が癪のたね」 〔朱熹‐答陳安卿書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

ちょっとしたことば。

[使用例] その将校は、命令を伝えるでもなく、第一、なにも言いはしないんだ。一言半句もものも言いはしないんだ[堀田善衛*橋上幻像|1970]

[使用例] 昌子はうけこたえをしなかった。女のことや、どうしてそうなったのか、などについては一言半句も聞かなかった[立原正秋*薪能|1964]

[解説] 「いちごん」を強調した語で、多く否定文に用います。

[類語] いちごんせっへんげんせっ

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android