コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七山 ななやま

2件 の用語解説(七山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七山
ななやま

佐賀県北部,唐津市東端の旧村域。脊振山地南斜面にある。 2006年唐津市に編入。大部分が山地で,林業,畑作が主体。ミカン栽培が行なわれる。北西部の浮嶽 (うきたけ。 805m) ,十防山 (とんぼやま。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七山
ななやま

佐賀県北部、福岡県に接する東松浦(ひがしまつうら)郡にあった旧村名(七山村(むら))。現在は、唐津(からつ)市の北東部を占める地域。2006年(平成18)唐津市に編入。「七山」の名称は、江戸期の七山組名にちなむ。文化(ぶんか)年間(1804~1818)大部分が唐津藩領から幕領となる。旧村域は、唐津湾に注ぐ玉島(たましま)川上・中流域に位置し、北は福岡県と接する。花崗(かこう)岩類の脊振(せふり)山地西部の山間にあって、スギなどの造林地やミカン園が広がる。佐賀市方面から国道323号が東端の観音峠越えで中心部を通り抜け、浜玉(はまたま)、唐津市中心市街地方面に通ずる。福岡・唐津両市中心街への通勤圏に入る。桑原(くわばる)の樫原(かしのきばる)湿原は県の自然環境保全地域に指定され、また滝川の観音の滝にも遊歩道ができハイカーでにぎわう。万葉の秀歌を生んだ玉島川の清流にアユの放流がみられる。[川崎 茂]
『『七山村史』(1975・七山村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

七山の関連キーワード脊振山地脊振山領巾振山背振山脊振〈村〉佐賀県唐津市東宇木佐賀県唐津市東唐津佐賀県唐津市東城内佐賀県唐津市東町佐賀県唐津市東山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七山の関連情報