コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜玉 はまたま

2件 の用語解説(浜玉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜玉
はまたま

佐賀県北部,唐津市東部で飛び地をなす旧町域。東部および南部を脊振山地が占め,北部は唐津湾に面する。 1956年浜崎町と玉島村が合体して浜崎玉島町として成立,1966年浜玉町に名称変更。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜玉
はまたま

佐賀県北部、東松浦(ひがしまつうら)郡にあった旧町名(浜玉町(ちょう))。現在は、唐津(からつ)市浜玉町(はまたままち)地区で、市域の中央北部、東寄りを占める。旧浜玉町は1956年(昭和31)浜崎(はまさき)町と玉島(たましま)村が合併して浜崎玉島町となり、1966年浜玉町と改称。2005年(平成17)厳木(きゅうらぎ)町、相知(おうち)町、肥前(ひぜん)町、鎮西(ちんぜい)町、呼子(よぶこ)町、北波多(きたはた)村とともに唐津市に合併。旧町域は、唐津湾に臨み、北を福岡県と接する。脊振(せふり)山地から玉島川水系が湾奥東部に注ぎ、下流に沖積低地が開け、海岸には虹(にじ)ノ松原砂丘が弧を描く。JR筑肥(ちくひ)線、国道202号、323号、二丈浜玉道路が通じ、西九州自動車道唐津道路の浜玉インターチェンジがある。ミカンの町として知られ、樹園地が山間傾斜地一帯に広がるが、ブドウ、野菜、畜産などとの複合経営が進み、またリンゴ園への転換も一部試みられる。米・麦生産の組織化も進み、浜玉地区機械利用組合は1982年度朝日農業賞に輝く。河口付近の浜崎に、ノリ養殖などの漁港や市街地が分布。福岡、唐津中心地方面への通勤者も多い。古くは朝鮮交通要衝の地で、神功(じんぐう)皇后説話や『万葉集』にも登場する。谷口(たにぐち)古墳と横田下(よこたしも)古墳は国指定史跡。鏡山(かがみやま)(284メートル)と、特別名勝虹ノ松原は、玄海(げんかい)国定公園の一中心。祇園(ぎおん)祭の山笠(やまがさ)や海水浴客でにぎわう。[川崎 茂]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜玉の関連キーワード佐賀県唐津市浦佐賀県唐津市鏡佐賀県唐津市菜畑佐賀県唐津市原佐賀県唐津市東宇木佐賀県唐津市東大島町佐賀県唐津市東唐津佐賀県唐津市東城内佐賀県唐津市東町佐賀県唐津市東山

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜玉の関連情報