コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜玉 はまたま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜玉
はまたま

佐賀県北部,唐津市東部で飛び地をなす旧町域。東部および南部を脊振山地が占め,北部は唐津湾に面する。 1956年浜崎町と玉島村が合体して浜崎玉島町として成立,1966年浜玉町に名称変更。 2005年唐津市,相知町,北波多村,厳木町,鎮西町,肥前町,呼子町と合体し唐津市となる。中心集落の浜崎神功皇后のアユ釣りの伝説をもつ玉島川の河口,国の特別名勝虹ノ松原の東端にあたり,玄海国定公園に属する。山麓地帯は玉島みかんとして知られるミカンの産地で,沿岸には漁業集落もある。国指定史跡の谷口古墳横田下古墳がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜玉
はまたま

佐賀県北部、東松浦(ひがしまつうら)郡にあった旧町名(浜玉町(ちょう))。現在は、唐津(からつ)市浜玉町(はまたままち)地区で、市域の中央北部、東寄りを占める。旧浜玉町は1956年(昭和31)浜崎(はまさき)町と玉島(たましま)村が合併して浜崎玉島町となり、1966年浜玉町と改称。2005年(平成17)厳木(きゅうらぎ)町、相知(おうち)町、肥前(ひぜん)町、鎮西(ちんぜい)町、呼子(よぶこ)町、北波多(きたはた)村とともに唐津市に合併。旧町域は、唐津湾に臨み、北を福岡県と接する。脊振(せふり)山地から玉島川水系が湾奥東部に注ぎ、下流に沖積低地が開け、海岸には虹(にじ)ノ松原砂丘が弧を描く。JR筑肥(ちくひ)線、国道202号、323号、二丈浜玉道路が通じ、西九州自動車道唐津道路の浜玉インターチェンジがある。ミカンの町として知られ、樹園地が山間傾斜地一帯に広がるが、ブドウ、野菜、畜産などとの複合経営が進み、またリンゴ園への転換も一部試みられる。米・麦生産の組織化も進み、浜玉地区機械利用組合は1982年度朝日農業賞に輝く。河口付近の浜崎に、ノリ養殖などの漁港や市街地が分布。福岡、唐津中心地方面への通勤者も多い。古くは朝鮮交通要衝の地で、神功(じんぐう)皇后説話や『万葉集』にも登場する。谷口(たにぐち)古墳と横田下(よこたしも)古墳は国指定史跡。鏡山(かがみやま)(284メートル)と、特別名勝虹ノ松原は、玄海(げんかい)国定公園の一中心。祇園(ぎおん)祭の山笠(やまがさ)や海水浴客でにぎわう。[川崎 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浜玉の関連キーワードけいらん(けえらん)鎮西(佐賀県)佐賀県唐津市井山憲太郎栗原 荒野唐津(市)七山[村]冨田才治聚楽太閤けえらん七山

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜玉の関連情報