七歩の才(読み)シチホノサイ

大辞林 第三版の解説

しちほのさい【七歩の才】

〔魏の曹植そうしよくが兄丕の命によって、七歩歩む間に、詩を作ったという「世説新語」の故事から〕
作詩の才のすぐれて、しかも早いこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android