コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三上章 みかみあきら

3件 の用語解説(三上章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三上章
みかみあきら

[生]1903.1.26. 広島
[没]1971.9.16. 大阪
言語学者。 1927年東京帝国大学工学部建築科卒業。朝鮮や広島などの中学で教え,39年から 61年まで大阪府立八尾中学校 (のち山本高校) の教師。この間,数学を教える一方,佐久間鼎の影響下に日本語の文法研究を行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三上章 みかみ-あきら

1903-1971 昭和時代の文法学者。
明治36年1月26日生まれ。工学部出身だが,日本語文法を独学で研究。中学,高校の数学教師をへて大谷女子大の国語学教授となる。助詞「ハ」の働きなど,独創的な文法論を展開した。昭和46年9月16日死去。68歳。広島県出身。東京帝大卒。著作に「現代語法序説」「象は鼻が長い」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三上章
みかみあきら
(1903―1971)

文法学者。広島県に生まれる。東京帝国大学工学部卒業後、旧制中学、高校の数学教師などを経て、大谷(おおたに)女子大学教授。ほとんど独学で日本語文法の研究を行い、『現代語法序説』(1955)、『象は鼻が長い』(1960)などを著す。従来の主語概念を否定して何々ハと何々ガの機能差を明確にした「主語否定論」をはじめ、多くの独創的見解を示し、日本語構文論研究に新しい展開をもたらした。[清水康行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三上章の言及

【文法】より

…幕末から明治にかけてオランダ語や英語の文法書に接すると,一時期,これにならった日本語の文法書も次々に現れたが,その後は,いわば旧来の国学者らの文法研究と,欧米における文法や心理学・論理学等の諸研究との双方から,成果を適切に摂取しつつ,日本語の文法研究が進められてきたといってよい。大槻文彦(おおつきふみひこ),山田孝雄(やまだよしお),松下大三郎橋本進吉時枝誠記(ときえだもとき),三上章(みかみあきら)(1903‐71)らがそれぞれ特色ある体系的な研究を残している。現代では,これら先学の研究の継承発展を目ざす努力が続けられる一方,前述の〈生成文法〉に基づく日本語文法の研究も活発になってきている。…

※「三上章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三上章の関連キーワード口語文法馬氏文通国文法佐伯梅友文語文法斉藤金作野田良之山本桂一シーバワイフハリール・ブン・アフマド

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三上章の関連情報