コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三国仏法伝通縁起 サンゴクブッポウデンズウエンギ

デジタル大辞泉の解説

さんごくぶっぽうでんずうえんぎ〔サンゴクブツポフデンヅウエンギ〕【三国仏法伝通縁起】

鎌倉時代の仏教書。3巻。凝然(ぎょうねん)著。応長元年(1311)成立。インド・中国・日本における各宗の伝播(でんぱ)状況を概説した仏教通史。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんごくぶっぽうでんづうえんぎ【三国仏法伝通縁起】

3国すなわちインド,中国,日本における仏法伝通に関して述べた仏教史。東大寺凝然の著。3巻。1311年(応長1)7月の成立。上巻は天竺(インド)における仏教の発生と進展,震旦(中国)における毘曇(びどん),成実戒律,三論,涅槃,地論,浄土,禅,摂論(しようろん),天台華厳法相真言の13宗について概観し,中・下巻にわたって日本における三論,法相,華厳,俱舎(くしや),成実,律,天台,真言の8宗について,その流通,法脈などを精記し,下巻の巻末には当時ようやく盛行していた禅宗浄土宗について略記している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三国仏法伝通縁起
さんごくぶっぽうでんずうえんぎ

仏教書。3巻。1311年(応長1)成立。著者は凝然(ぎょうねん)。インド、中国、日本の三国における仏教流伝の歴史を概説したもの。後宇多(ごうだ)法皇の要請で著されたが、上巻は天竺(てんじく)(インド)における仏教の成立と発展、震旦(しんたん)(中国)における毘曇(びどん)、成実(じょうじつ)、戒律、三論、涅槃(ねはん)、地論(じろん)、浄土、禅、摂論(しょうろん)、天台、華厳(けごん)、法相(ほっそう)、真言(しんごん)など十三宗の伝播(でんぱ)について述べ、中・下巻は日本における三論、法相、華厳、倶舎(くしゃ)、成実、律、天台、真言の八宗と、禅宗、浄土宗の弘通(ぐつう)について略述している。凝然の著『八宗綱要』とともに初学者の入門書として重要である。[納冨常天]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三国仏法伝通縁起の関連キーワード藤島 了穏鎌倉時代成実宗観勒慧灌恵灌

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android